TOP > 技術シーズ検索 > 高品位結晶質石灰石及びその製造方法

高品位結晶質石灰石及びその製造方法

シーズコード S120007645
掲載日 2012年1月4日
研究者
  • 恒川 昌美
  • 伊藤 真由美
  • 広吉 直樹
  • 本間 佑吾
  • 岡田 信三
  • 大川 滋之
技術名称 高品位結晶質石灰石及びその製造方法
技術概要 白色度の低い低品位結晶質石灰石からカーボン、石英、各種炭酸塩等の不純物を、疎水性表面を有する、合成樹脂、低品位結晶質石灰石、低純度の結晶質石灰石からなる群より選択される1種または2種以上のキャリアに吸着した後、浮選法により該不純物を分離除去することを特徴とする高品位結晶質石灰石である。さらに、粉砕・粒度調整した白色度の低い低品位結晶質石灰石に加水した後、捕収剤を添加する結晶質石灰石スラリー調製工程(第一工程)と、合成樹脂、低品位結晶質石灰石、低純度の結晶質石灰石からなる群より選択される1種または2種以上のキャリアに加水した後、捕収剤を添加するキャリアスラリー調製工程(第二工程)と、第一工程で得られた結晶質石灰石スラリーと第二工程で得られたキャリアスラリーとを混合し、次に起泡剤を添加して浮選し、カーボン、石英、各種炭酸塩等の不純物を該キャリアに吸着する吸着工程(第三工程)と、第三工程で得られた不純物吸着キャリアと結晶質石灰石とを分離する分離工程(第四工程)とを含むことを特徴とする高品位結晶質石灰石の製造方法である。
研究分野
  • 石灰
展開可能なシーズ 低品位の結晶質石灰石(ISO白色度94未満)から高品位結晶質石灰石(ISO白色度94以上)を得るべく、多量に賦存するこれらの低品位結晶質石灰石を製紙用フィラー等に高度利用することができる高品位結晶質石灰石、およびその製造方法を提供する。
本発明により低品位結晶質石灰石中の不純物を除去することにより、高品位結晶質石灰石を製造することが可能となり、従来用いることが出来なかった低品位結晶質石灰石を重質炭酸カルシウム原料として製紙用フィラー、プラスチック、ゴム、塗料、食品、高級ガラス原料等に用いることができる。これによって、低品位結晶質石灰石を高品位結晶質石灰石としても利用でき、各種分野での資源量の増大と原料確保が容易になる。また、無機物質中の微量有機系不純物を除去するためにも適用することができ、他の無機物資の高度利用や廃棄物中の有価物回収等の資源リサイクル分野でも応用することができる。
用途利用分野 高品位結晶質石灰
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 太平洋セメント株式会社, 学校法人北海道大学, . 恒川 昌美, 伊藤 真由美, 広吉 直樹, 本間 佑吾, 岡田 信三, 大川 滋之, . 高品位結晶質石灰石及びその製造方法. 特開2006-256893. 2006-09-28
  • C01F  11/18     

PAGE TOP