TOP > 技術シーズ検索 > 3次元デザイン支援装置及びプログラム

3次元デザイン支援装置及びプログラム

シーズコード S120007647
掲載日 2012年1月4日
研究者
  • 金井 理
  • 岸浪 建史
  • 遠藤 維
  • 持丸 正明
  • 河内 まき子
  • 宮田 なつき
技術名称 3次元デザイン支援装置及びプログラム
技術概要 3次元デザイン支援装置の機能は、運動学的、形状的に精密かつ豊富なサイズバリエーションをもつデジタルハンドモデルのデータを保持するデジタルハンドモデルデータベース1、製品形状データを入力する製品形状データ入力部2、デジタルハンドのサイズ、「大-小」、「ごつい-華奢」の種類を入力設定するハンドサイズ設定部3、把持の種類を「PowerGrasp」とするか「PrecisionGrasp」とするかの入力設定のためのグラスプ設定部4、デジタルハンドモデルデータベース1のデータを利用し、ハンドサイズ設定部3のデジタルハンドのサイズの設定入力をパラメータにして3次元の仮想的な動きの表示を可能とするデジタルハンドモデルを作成するデジタルハンドモデル作成部5、製品形状データ入力部2から入力された製品形状データに基づき仮想的な製品形状モデルを作成して表示する製品形状モデル作成部6、製品形状モデル作成部6の作成した製品形状モデルと、デジタルハンドモデル作成部5で作成されたデジタルハンドモデルとの接触点候補を指定する接触点候補設定部7を備えている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-105262.gif
研究分野
  • CAD,CAM
展開可能なシーズ 製品モデルのユーザが手に取った時の把持姿勢を自動生成し、実被験者を用いずに仮想エルゴノミクス評価に供することができる製品モデルの基本把持姿勢を作成する3次元デザイン支援装置及びプログラムを提供する。
実被験者を用いずに、設計された製品形状モデルをユーザが把持する時の基本把持姿勢を表示装置上で3次元モデルにして提示することができ、仮想エルゴノミクス評価に供することができる。
用途利用分野 3次元デザイン支援装置、3次元デザイン支援プログラム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人北海道大学, 独立行政法人産業技術総合研究所, . 金井 理, 岸浪 建史, 遠藤 維, 持丸 正明, 河内 まき子, 宮田 なつき, . 3次元デザイン支援装置及びプログラム. 特開2006-285685. 2006-10-19
  • G06F  17/50     
  • G06T  19/00     

PAGE TOP