TOP > 技術シーズ検索 > メッシュモデル生成システム

メッシュモデル生成システム

シーズコード S120007650
掲載日 2012年1月4日
研究者
  • 金井 理
  • 岸浪 建史
  • 伊達 宏昭
  • 西垣 一朗
技術名称 メッシュモデル生成システム
技術概要 メッシュモデル生成方法を適用したメッシュモデル生成システムは、フィーチャ認識・除去部1と、メッシュ単純化部2と、フィーチャ復元・LOD部3とを含んで構成されている。これらの各部は、コンピュータ及びコンピュータプログラムにより実現することができる。フィーチャ認識・除去部1は、高密度の入力メッシュモデル4を取り込むとともに、フィーチャ認識パラメータ5を取り込み、フィーチャ認識パラメータ5に該当するフィーチャを認識して除去するようになっている。このとき、フィーチャを除去したフィーチャ除去メッシュモデル6と除去されたフィーチャのフィーチャメッシュモデル7とを生成して、メッシュ単純化部2に出力するようになっている。なお、フィーチャメッシュモデル7には、認識・除去したフィーチャに関する情報が含まれている。また、フィーチャメッシュモデル7はフィーチャ復元・LOD部3にも出力されるようになっている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-052670.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ フィーチャ抑制度及び面分数又は解像度を任意に調整でき、解析やモデル表示に適した所望のメッシュモデルを短時間で生成するメッシュモデル生成システムを提供する。
異なるフィーチャを有し、かつ任意の解像度を有するメッシュモデルを生成する場合、その都度、高密度メッシュモデルに戻ってメッシュの除去処理及びメッシュの単純化処理をする必要がないから、処理時間を大幅に短縮することができる。その結果、解析やモデル表示に適した任意の異なるフィーチャを有し、かつ任意の解像度を有するメッシュモデルを短時間で生成することができる。つまり、任意のフィーチャー抑制度及び面分数を持ったメッシュモデルを高速かつ柔軟に生成可能であり、しかも、工学的に無意味な形状である非多様体を有するメッシュモデルの生成を防止できる。
用途利用分野 メッシュモデル生成システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人北海道大学, 株式会社日立製作所, . 金井 理, 岸浪 建史, 伊達 宏昭, 西垣 一朗, . メッシュモデル生成システム. 特開2007-233560. 2007-09-13
  • G06F  17/50     

PAGE TOP