TOP > 技術シーズ検索 > イネの1次枝梗数に関連する遺伝子およびその利用

イネの1次枝梗数に関連する遺伝子およびその利用

シーズコード S120007702
掲載日 2012年1月4日
研究者
  • 寺尾 富夫
  • 長田 健二
  • 清水 博之
技術名称 イネの1次枝梗数に関連する遺伝子およびその利用
技術概要 イネにおける1次枝梗数に対する2次枝梗数の比を増加させずに1次枝梗数を増加させるポリペプチドをコードするポリヌクレオチドを提供する。本ポリヌクレオチドは、(A)~(C)のいずれか1つの塩基配列からなるポリヌクレオチドであって、イネにおける1次枝梗数に対する2次枝梗数の比を増加させずに1次枝梗数を増加させ得るポリペプチドをコードすることを特徴とする:(A)配列番号1に示される塩基配列;(B)配列番号1に示される塩基配列において1個もしくは数個のヌクレオチドが置換、付加又は欠失した塩基配列;又は(C)配列番号1に示される塩基配列の相補配列とストリンジェントな条件下でハイブリダイズし得る塩基配列である。1次枝梗数に対する2次枝梗数の比が増加せずに1次枝梗数が増加したイネの作出方法は、ポリヌクレオチドをイネに導入する工程を包含する。1次枝梗数に対する2次枝梗数の比が増加せずに1次枝梗数が増加したイネは、1次枝梗数に対する2次枝梗数の比が増加せずに1次枝梗数が増加したイネの作出法により作出されたイネの子孫であることを特徴とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-046201_1.GIF thum_2007-046201_2.GIF
研究分野
  • 稲作
  • 遺伝子操作
展開可能なシーズ 高品質かつ高収量のイネを提供する。
イネの1次枝梗数に対する2次枝梗数の比を増加させることなく1次枝梗数を増加させることができるので、品質を落とさずに収量を高めたイネを育種できる。
用途利用分野 イネ、イネの作出キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 寺尾 富夫, 長田 健二, 清水 博之, . イネの1次枝梗数に関連する遺伝子およびその利用. 特開2008-206442. 2008-09-11
  • C12N  15/09     
  • C07K  14/415    
  • A01H   5/00     

PAGE TOP