TOP > 技術シーズ検索 > イネ種子リポキシゲナーゼ3変異型遺伝子、並びにリポキシゲナーゼ3が欠失しているイネの選抜方法及び育種方法

イネ種子リポキシゲナーゼ3変異型遺伝子、並びにリポキシゲナーゼ3が欠失しているイネの選抜方法及び育種方法

シーズコード S120007767
掲載日 2012年1月5日
研究者
  • 鈴木 保宏
  • 白澤 健太
技術名称 イネ種子リポキシゲナーゼ3変異型遺伝子、並びにリポキシゲナーゼ3が欠失しているイネの選抜方法及び育種方法
技術概要 米の劣化の原因であるイネ種子リポキシゲナーゼ3の遺伝子とその変異型遺伝子を同定した。特定な配列の塩基配列からなるイネ種子リポキシゲナーゼ3変異型遺伝子、および、特定塩基配列からなるイネ種子リポキシゲナーゼ3遺伝子の5’側から第1497番目の塩基がアデニンに変異しているイネを、イネ種子のリポキシゲナーゼ3が欠失しているイネであるという判定法。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-192499.GIF
研究分野
  • 稲作
  • 遺伝子の構造と化学
展開可能なシーズ イネ種子中のリポキシゲナーゼ3が欠失しているイネを、当代検定で簡易に選抜することにより、米の劣化が起こりにくく、貯蔵性が向上した米を得る。
米の劣化の起こりやすさや米の貯蔵性を当代検定で簡易に判定でき、脂質の酸化・分解が抑制され、貯蔵性が向上した米を得られる。また米の劣化が起こりにくく、米の貯蔵性に優れたイネの選抜及び育種を簡易かつ迅速に行うことができ、米の内部の脂質の分解機構の解明に対しても貢献できる。さらに、この育種方法によって得られた米は、その貯蔵において、省エネルギー化と低コスト化を図ることができ、米を利用した高付加価値製品の開発に利用できる。
用途利用分野 イネ、イネ種子リポキシゲナーゼ3変異型遺伝子
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 鈴木 保宏, 白澤 健太, . イネ種子リポキシゲナーゼ3変異型遺伝子、並びにリポキシゲナーゼ3が欠失しているイネの選抜方法及び育種方法. 特開2009-027938. 2009-02-12
  • C12N  15/09     
  • C12Q   1/68     
  • A01H   1/00     
  • A01H   5/00     

PAGE TOP