TOP > 技術シーズ検索 > 酸化ストレス耐性を付与した乳酸菌及び新規発現ベクターを用いたタンパク質生産システム

酸化ストレス耐性を付与した乳酸菌及び新規発現ベクターを用いたタンパク質生産システム

シーズコード S120007769
掲載日 2012年1月5日
研究者
  • 島 純
  • 萩 達朗
  • 川本 伸一
技術名称 酸化ストレス耐性を付与した乳酸菌及び新規発現ベクターを用いたタンパク質生産システム
技術概要 酵母等に由来する酸化ストレス消去系遺伝子を乳酸菌に導入して酸化ストレス耐性を付与した乳酸菌株を生産用宿主として利用して、問題点の解決をはかった。また、異種タンパク質の大量発現に最適なプロモーター及び分泌カセットを含む新規発現・分泌ベクターを構築した。さらに、構築した宿主とベクターを組み合わせることにより、好気培養や生体内環境において負荷される酸化ストレスの存在下においても、高効率に機能するタンパク質生産システムを確立した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-207287.GIF
研究分野
  • 微生物の生化学
  • 遺伝子操作
展開可能なシーズ 酸化ストレス存在下で培養した場合であっても、大量に異種タンパク質を生産できる改変乳酸菌を提供する。
酸化ストレス耐性を付与した乳酸菌およびその乳酸菌を作製する発現カセット、ならびに、そのような乳酸菌を使用する蛋白質生産システムおよび蛋白質産生方法が提供され乳酸菌を酸化ストレス条件下で培養しても、異種タンパク質を大量に生産できる。
用途利用分野 改変乳酸菌、タンパク質生産システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 島 純, 萩 達朗, 川本 伸一, . 酸化ストレス耐性を付与した乳酸菌及び新規発現ベクターを用いたタンパク質生産システム. 特開2009-039032. 2009-02-26
  • C12N   9/28     

PAGE TOP