TOP > 技術シーズ検索 > リン酸カルシウム類からなるカプセルおよびその製造方法

リン酸カルシウム類からなるカプセルおよびその製造方法

シーズコード S120007804
掲載日 2012年1月5日
研究者
  • 安達 稔
  • 武内 勇
  • 小澤 尚志
  • 八尾 健
技術名称 リン酸カルシウム類からなるカプセルおよびその製造方法
技術概要 このカプセルは微細孔を有し、かつ、リン酸カルシウム類からなるカプセルの製造法は、(1)カプセル原型体をリン酸カルシウム類形成溶液中に分散させる工程;(2)カプセル原型体の外表面にリン酸カルシウム類を析出させて微細孔を有する被覆層を形成させる工程;および(3)被覆層が形成されたカプセル原型体を溶解して被覆層に内包されるカプセル原型体を除去し、微細孔を有し、かつ、リン酸カルシウム類からなるカプセルを回収する工程;を含む製造法である。リン酸カルシウム類としては、第一リン酸カルシウム(Ca(H2PO4)2)、第二リン酸カルシウム、第三リン酸カルシウム、リン酸四カルシウム、リン酸八カルシウム、ヒドロキシアパタイト類を含むアパタイト類、アモルファスリン酸カルシウムなどがあり、いずれも結晶水をもつものも含む。
研究分野
  • 医用素材
  • 生物薬剤学(基礎)
展開可能なシーズ リン酸カルシウム類からなる所望の構造体、特に微細孔を有し、かつ、リン酸カルシウム 類からなる生体適合性のカプセルの提供。
微細孔を有し、かつ、リン酸カルシウム類からなるカプセルが提供される。このカプセルは生体適合性があり、生体に対して悪影響を与えることがない。このカプセルには所望の物質を内包することができ、薬剤送達用のカプセルとして有用である。反応条件により、孔の大きさ、厚みなどを調節することにより、薬物の放出時間の調整が可能となる。
用途利用分野 医用素材(人工歯や人工骨などの材料、薬剤送達システム)、建築分野への適用材料
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人京都大学, . 安達 稔, 武内 勇, 小澤 尚志, 八尾 健, . リン酸カルシウム類からなるカプセルおよびその製造方法. 特開2004-081754. 2004-03-18
  • A61J   3/07     
  • A61K   9/50     
  • A61K  47/02     
  • B01J  13/04     

PAGE TOP