TOP > 技術シーズ検索 > 画像パターンマッチング装置、画像パターンマッチング方法および画像パターンマッチング用プログラム

画像パターンマッチング装置、画像パターンマッチング方法および画像パターンマッチング用プログラム

シーズコード S120007844
掲載日 2012年1月10日
研究者
  • 岡 嶐一
  • 矢口 勇一
  • 井関 健太
技術名称 画像パターンマッチング装置、画像パターンマッチング方法および画像パターンマッチング用プログラム
技術概要 画像パターンマッチング装置1は、一の画像と他の画像とを記録する記録部5と、一の画像と他の画像とにおける類似する画像パターンの画素毎の対応関係を求める画像処理手段(CPU2)と、を有する。画像処理手段は、一の画像を構成する画素の画素位置をi座標及びj座標を用いて特定すると共に、他の画像を構成する画素の画素位置をm座標及びn座標を用いて特定し、一の画像の画素位置と他の画像の画素位置との画素間距離の累積値が最小となる最小累積距離を、i座標、j座標、m座標及びn座標からなる4次元空間座標において、累積的に画素間距離を積み上げ計算して算出した最小累積距離に基づいて、類似した画像パターンに対応する一の画像の画素位置と他の画像の画素位置との対応関係を求める。積み上げ計算は、m座標及びn座標における対角方向を基準として、m座標の値とn座標の値との和の値が小さくなる順番で実行し、最小累積距離の算出処理は、累積計算における直前の座標位置からの遷移状態を所定の遷移パターンに制限した上で、直前の座標位置における累積座標間距離に基づいて対応する画素に関する累積座標間距離の算出を行う。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-005682.gif
研究分野
  • パターン認識
  • 医用画像処理
展開可能なシーズ 類似する画像パターンが示された異なる画像において、対応するピクセルの抽出処理は、画像応用処理分野における画像認識手法、特徴点トラッキング手法等に応用することが可能であるが、画像パターンの認識処理技術に関する決定的な手法が未だに確立されていない。そこで、動画に限定されることなく、異なる任意の画像中における対象物画像(画像パターン)の対応を、ピクセル間の単調連続性を確保しつつ画素毎に求めることが可能な画像パターンマッチング装置、画像パターンマッチング方法及び画像パターンマッチングプログラムを提供する。
m座標の値とn座標の値との和の値が小さくなる順番で積み上げ計算を実行することにより、積み上げ計算の値(解)が、現在の決定値(決定解)の直前の2つあるいは1つの決定値(決定解)に基づいて求められることになり、(m,n)平面における2次元の単調連続性を累積時に確保することが可能となる。また、直前の座標位置における累積座標間距離に基づいて対応する画素に関する累積座標間距離の算出が行われるので、画素間の非線形対応関係を確保することが可能となる。
用途利用分野 画像パターンマッチング装置、医用画像処理装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 公立大学法人会津大学, . 岡 嶐一, 矢口 勇一, 井関 健太, . 画像パターンマッチング装置、画像パターンマッチング方法および画像パターンマッチング用プログラム. 特開2010-165104. 2010-07-29
  • G06T   7/00     

PAGE TOP