TOP > 技術シーズ検索 > バイオ光化学セル及びモジュール及び分析計及び教材とそれらの利用方法

バイオ光化学セル及びモジュール及び分析計及び教材とそれらの利用方法

シーズコード S120007851
掲載日 2012年1月10日
研究者
  • 藤井 有起
  • 金子 正夫
  • 根本 純一
  • 上野 寛仁
技術名称 バイオ光化学セル及びモジュール及び分析計及び教材とそれらの利用方法
技術概要 電子供与体を含む液体中に浸漬され、光化学的反応または光電気化学的反応を行わせるための作用電極として電導体ないし半導体からなるアノード1及び酸素還元反応を行わせる対極としてカソード2と、アノード1とカソード2を電気的に接続する外部導線と、電子供与体を含む液体を収容する容器と、この液体及び/又はアノード1に対して外部光源又は内部光源からの光6を照射する手段とを有し、かつ空気や酸素を吹き込むことを特徴とするバイオ光化学セル、それを用いたセンサ、化学的処理方法、分析方法及び発電方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-155451.gif
研究分野
  • 生物燃料及び廃棄物燃料
  • 生体エネルギー論一般
展開可能なシーズ バイオ光化学セル、それを用いたセンサ、化学的処理方法、分析方法及び発電方法を提供する。
種々の有機、無機化合物あるいはバイオマス廃棄物を太陽光などの光照射下において分解し、同時に効率よく発電することができる。これをバイオ光化学セルに利用すれば、環境浄化、発電、分析、測定、検出、教材等に利用することができる。
用途利用分野 光物理化学電池、廃棄物燃料電池、廃棄物光分解・浄化装置、TOC/TOD光センサ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人茨城大学, 株式会社バイオフォトケモニクス研究所, . 藤井 有起, 金子 正夫, 根本 純一, 上野 寛仁, . バイオ光化学セル及びモジュール及び光化学的処理方法. 特開2009-300271. 2009-12-24
  • G01N  27/416    
  • H01M  14/00     
  • B01J  19/08     
  • B01J  19/12     
  • B01J  35/02     

PAGE TOP