TOP > 技術シーズ検索 > 2値化画像への情報埋め込み方法及び読み出し方法

2値化画像への情報埋め込み方法及び読み出し方法

シーズコード S120007903
掲載日 2012年1月16日
研究者
  • 茅 暁陽
  • 丸山 哲平
技術名称 2値化画像への情報埋め込み方法及び読み出し方法
技術概要 本方法によるBe-code10の周辺には、画素の単位を決定するための白黒交互に配置されたドットフレーム110、このドットフレーム110がエンブレム120に接触しないように設けられる空隙のパディング100、上下左右を決定するためのマークである方向検出マーク131、方向検出マーク131を確実に読み取るためにこのドットフレーム110から所定長さの辺を有する方向検出用スペース130、このBe-code10が設置あるいは印刷される面上で、他の絵柄や文字等に接触しないように設けられるマージン140が設けられる。情報の埋め込みに関しては、画像全体を所定のブロック単位で走査し、そのブロックの中心画素の明暗を反転させたときの滑らかさと連結性とからその可変度を算出し、それが所定の得点以上であれば、そのブロックを情報埋め込みブロックと特定する。そして、埋め込みブロックの中心画素列からなる埋め込み情報ビット列を作成し、情報埋め込みビット列の明暗と、埋め込みたい情報ビット列とを比較し、一致しないビットについては、情報埋め込みビットを反転させて、画像に2値情報を埋め込む。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-187298.GIF
研究分野
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 携帯電話で読取り可能な絵柄やロゴなどの単純な形状の2値化画像を用いた画像への情報埋め込みと読み出しに関するものであり、元画像の形を壊さずに情報の埋め込みを行ない、また、元画像情報を必要とせずに埋め込みデータを検出できるコード化方法を提供する。
2値化画像を使うことは、使われている色が少なくても影響を受けず、どんな印刷媒体にも印字可能であるため利用形態が制限されない利点がある。また、単純な形状の画像を用いることが出来るため、企業のロゴなどをコード化することが出来きる。さらには、携帯電話での撮影時に、画像が斜めになったり多少歪んだりしても、問題なく埋め込まれたデータを取得することができる。
用途利用分野 カメラ付き携帯電話
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人山梨大学, . 茅 暁陽, 丸山 哲平, . 2値化画像への情報埋め込み方法及び読み出し方法. 特開2011-041055. 2011-02-24
  • H04N   1/387    
  • G06T   1/00     

PAGE TOP