TOP > 技術シーズ検索 > 天井落下防止バンドと天井構造

天井落下防止バンドと天井構造

シーズコード S120007916
掲載日 2012年1月16日
研究者
  • 山田 耕司
技術名称 天井落下防止バンドと天井構造
技術概要 天井スラブ1から垂下した吊りボルト2と、この吊りボルト2の下部に取り付けられ野縁受け4を支持するハンガー3と、野縁受け4の下部にクリップにより取り付けられる野縁6とを備えた天井構造に用いられ、吊りボルト2と野縁6とを連結する天井落下防止バンド11において、バンド部12と、このバンド部12を挿通係止しバンド部12を緩め側に戻さないようにするロック部13と、吊りボルト2に固定する吊りボルト挿通孔14とを備える。使用時には、挿通孔14によりバンド11を吊りボルト2に固定し、バンド部12を野縁6に巻き、そのバンド部12をロック部13に係止することを特徴とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-154195.gif
研究分野
  • 床,天井
展開可能なシーズ 構造簡易で安価にして落下防止効果が得られる天井落下防止バンドを提供する。
野縁が野縁受けから外れても、野縁がバンドを介して吊りボルトにより保持され、天井面の落下を防止することができる。挿通係止孔の周囲部分を厚く、他の部分より幅広に形成しているので、挿通係止孔の強度を向上することができる。、吊りボルトと野縁受けとをバンドにより連結しており、ハンガーから野縁受けが外れることを防止できる。周囲部分は、上片とナット間において圧縮され、ワッシャーと同様にナットの緩み止め効果を奏する。
用途利用分野 天井落下防止バンド、天井構造、公会堂、体育館
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人国立高等専門学校機構, . 山田 耕司, . 天井構造. 特開2011-007005. 2011-01-13
  • E04B   9/18     

PAGE TOP