TOP > 技術シーズ検索 > 薄片様層状化合物

薄片様層状化合物

シーズコード S120007933
掲載日 2012年1月16日
研究者
  • 中川 敬三
  • 杉山 茂
  • 外輪 健一郎
技術名称 薄片様層状化合物
技術概要 図に示す本発明に係る薄片様層状化合物は、金属酸結晶層と界面活性剤層からなるラメラ構造を有する。水系溶媒中、両端のアミノ基を外側にして整列した界面活性剤層に、親水性の金属酸結晶層が積層され、互いの電荷補償のためこれら層が交互に積層されている。界面活性剤層のアミノ基が所定のアミン濃度である場合に金属酸のカウンターカチオンとして働いて金属酸塩として安定化し、金属酸結晶層と界面活性剤層とのラメラ構造を形成する。ラメラ構造における積層数は製造条件などに依存するが、通常、チタン酸結晶層および/またはニオブ酸結晶層と、界面活性剤層とが、1層ずつ交互に5組以上、20組以下程度繰り返し形成されている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-208349.GIF
研究分野
  • 光化学一般
  • 吸着剤
展開可能なシーズ 薄片様層状化合物は、チタン酸結晶層および/またはニオブ酸結晶層並びに界面活性剤層からなるラメラ構造を有し、界面活性剤が両端にアミノ基を有する脂肪族ジアミンであることを特徴とする可視光領域の光吸収性や有機化合物に対する吸着性に優れ、高い光触媒活性を有する薄片様層状化合物と、薄片様層状化合物を含む光触媒、および有機化合物に対する吸着剤を提供する。
本発明の薄片様層状化合物は、紫外線のみならず可視光領域の光に対する吸収性を示し、有機化合物に対して優れた吸着性を示す。薄片様層状化合物は、太陽光や白色光を有効に利用することができ、且つ有機化合物である反応基質を吸着することができるので、非常に優れた光触媒活性を有する。
用途利用分野 薄片様層状化合物、光触媒、吸着剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人神戸大学, . 中川 敬三, 杉山 茂, 外輪 健一郎, . 薄片様層状化合物. 特開2011-056390. 2011-03-24
  • B01J  35/02     
  • B01J  23/20     
  • B01J  21/06     
  • C01G  33/00     

PAGE TOP