TOP > 技術シーズ検索 > ガーゼ保持具

ガーゼ保持具

シーズコード S120007934
掲載日 2012年1月16日
研究者
  • 松本 佐和子
  • 山本 亜由美
技術名称 ガーゼ保持具
技術概要 ガーゼGを保持するために使用される板状の部材であって、板状の部材は、その一の端縁に、端縁に沿って複数の切欠き1hが形成されており、その内部に、各切欠き1hにおけるその軸を挟む一対の内面に開口を有する収容空間1dが設けられている。切欠きにガーゼGを圧縮して挿入すれば、ガーゼGを圧縮していた力を除去すると、切欠き1h内において、収容空間1dの開口部分ではガーゼGは圧縮された状態から復元し、ガーゼGの一部が開口から収容空間1d内に侵入する。すると、ガーゼGを移動させようとする力に対して、収容空間1d内に侵入している部分がガーゼGの移動抵抗となるから、ガーゼGを切欠き1hに保持させておくことができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-291822.GIF
研究分野
  • 医療用機器装置
展開可能なシーズ ガーゼをしっかりと保持させることができ、しかも、保持させるための作業が簡単であるガーゼ保持具を提供する。
このガーゼ保持具は、ガーゼをしっかりと保持させるための作業が簡単であるから、使用済みガーゼを保持する用途や、手術に使用する前のガーゼの準備等に適する。
用途利用分野 ガーゼ保持具
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 香川大学, . 松本 佐和子, 山本 亜由美, . ガーゼ保持具. 特開2011-130873. 2011-07-07
  • A61B  19/02     
  • A61B  19/00     

PAGE TOP