TOP > 技術シーズ検索 > 高濃度水素ガスセンサー

高濃度水素ガスセンサー

シーズコード S120007976
掲載日 2012年1月17日
研究者
  • 原田 修治
  • 石塚 達也
  • 中村 恒夫
技術名称 高濃度水素ガスセンサー
技術概要 本センサーは、絶縁性基板10上に、膜状の固体電解質12を形成し、その上に検出電極14及び基準電極16を互いに離間して設ける。両電極を、配線を介して起電力計18に接続する。さらに、これらを覆うヒータ20と、ヒータ用の電源22と、検出電極14の温度を測定する温度センサー24と、温度センサーの出力に基づいてヒータへの給電を制御する制御装置26を設ける。好ましくは、固体電解質が、燐タングステン酸や燐モリブデン酸を用い、グラスウールなどの構造補強材を含ませて、強度や電極との密着性を増大させ、両電極には、標準状態において水素分子が電極表面で自発的に原子状水素に解離しない、ニッケル、チタン、銅鉄、アルミニウム、これらを含む合金、及び有機導電材料、さらにはこれらの複合材料を素材を用いる。そして、ヒータにより検出電極を標準状態より高い温度に維持し、検出電極の表面で水素分子を活性化して解離させ、電極間に発生する起電力値に基づいて水素ガスを検出する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-081001.GIF
研究分野
  • 無機物質中の元素の電気分析
  • 燃料電池
展開可能なシーズ 簡単な構成でありながら高濃度の水素ガスを検知可能にする高濃度水素ガスセンサーを提供する。
検出電極を標準状態より高い温度に維持することにより電極表面で水素分子を活性化して解離させ、電極間に発生する起電力値に基づいて水素ガスを検出することにより、簡単な構成でありながら高濃度の水素ガスが検知できる。
用途利用分野 水素ガスセンサー、燃料電池稼動状況測定装置、燃料効率評価装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 新潟大学, . 原田 修治, 石塚 達也, 中村 恒夫, . 高濃度水素ガスセンサー. 特開2010-230620. 2010-10-14
  • G01N  27/416    
  • G01N  27/406    

PAGE TOP