TOP > 技術シーズ検索 > ガスセンサ

ガスセンサ

シーズコード S120007992
掲載日 2012年1月17日
研究者
  • 塚田 啓二
技術名称 ガスセンサ
技術概要 2つの電界効果型トランジスタからなり、この2つの電界効果型トランジスタのゲート絶縁膜24上にゲート電極を設け、このゲート電極によりガスを検知するガスセンサ30であって、一方の電界効果型トランジスタに設けられた第一ゲート電極5と、他方の電界効果型トランジスタに設けられた第二ゲート電極6と、第一ゲート電極5と第二ゲート電極6との間を配線により接続して同電位あるいは一定電圧差の直流電圧、あるいは交流電圧を印加する電圧印加手段を備え、第一ゲート電極5と第二ゲート電極6とは、それぞれ水素に対する解離応答の異なる金属からなるとともに、一方の電界効果型トランジスタと他方の電界効果型トランジスタの構造を同じにする。2つの電界効果型トランジスタのゲート絶縁膜上にゲート電極を設け、このゲート電極により水素ガスを検知する、同じ素子構造を持つ電界効果型トランジスタを2つ設けて、両者の差動を取っているので、温度変化によって電流電圧特性が変化しても常に差動した出力は温度変化等に影響されない安定な電圧出力となる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-235414.gif
研究分野
  • 気体燃料の輸送,供給,貯蔵
  • 計測機器一般
展開可能なシーズ 簡単な構造の安定な出力を有するガスセンサを提供する。
このガスセンサは、水素応答における選択性と応答速度に優れているので、水素センサとして使用することができる。ガス生成プラントや、水素ガスステーション、水素自動車や家庭、ビルなどに設置された燃料電池システムからのガス漏れ検知装置として利用できる。
用途利用分野 水素センサ、水素自動車用検出器、燃料電池水素検出器、水素プラント監視装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 岡山大学, . 塚田 啓二, . ガスセンサ. 特開2010-066234. 2010-03-25
  • G01N  27/00     

PAGE TOP