TOP > 技術シーズ検索 > 燃料電池用電極触媒の製造方法

燃料電池用電極触媒の製造方法

シーズコード S120008064
掲載日 2012年1月19日
研究者
  • 畑 俊充
技術名称 燃料電池用電極触媒の製造方法
技術概要 この方法は、バイオマスまたはその焼成炭化物の粉末と含窒素化合物を通電加熱する。好ましくは、焼成炭化物が木炭であり、含窒素化合物がメラミンであり、含窒素化合物の比率が、50~85重量%である。更に好ましくは、焼成炭化物を、バイオマスの炭素化工程の後に粉砕工程を経て製造する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-137919.GIF
研究分野
  • 燃料電池
展開可能なシーズ 白金触媒に代替可能な性能を有する、バイオマス由来の燃料電池用電極触媒を実現可能にする製造方法を提供する。
バイオマスまたはその焼成炭化物の粉末を含窒素化合物とともに通電加熱法により熱処理することにより、金属錯体を用いる必要を無くすことができ、コスト及び環境の両面において向上でき、白金触媒に代替可能な性能を有する燃料電池用電極触媒が実現できる。
用途利用分野 燃料電池用電極触媒製造装置、燃料電池用電極触媒
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人京都大学, . 畑 俊充, . 燃料電池用電極触媒の製造方法. 特開2010-287316. 2010-12-24
  • H01M   4/88     
  • B01J  31/02     
  • H01M   8/10     

PAGE TOP