TOP > 技術シーズ検索 > 光学的測定装置、光学的測定方法、及び光学的測定プログラムを格納した記憶媒体

光学的測定装置、光学的測定方法、及び光学的測定プログラムを格納した記憶媒体

シーズコード S120008123
掲載日 2012年1月19日
研究者
  • 庭山 雅嗣
技術名称 光学的測定装置、光学的測定方法、及び光学的測定プログラムを格納した記憶媒体
技術概要 光学的測定装置10は、1つのLED(発光ダイオード)24と2つのPD(フォトダイオード)26A、26Bを備えたプローブ12を有する。LED24とPD26Aは、LED24から発光した光が、人間の腕の深層部分、すなわち皮膚組織(表層)及び脂肪組織(浅層)のさらに下の筋組織を通ってPD26Aに到達する第1の所定距離だけ離間し、LED24とPD26BはLED24から発光した光が人間の腕の深層部分を通ってPD26Bに到達する距離で第1の所定距離とは異なる第2の所定距離だけ離間して配置する。各PD26A、26Bで受光した光強度と、光の第1の所定距離及び第2の所定距離に基づいて空間的傾きを求め、浅層の厚さを入力し、深層における光の吸収の度合いを演算するための演算パラメータに基づいて光の吸収の度合いを求め、光が伝搬する媒体中の伝搬定数を算出する。入力した組織の脂肪厚に対応する演算式を選択して、脂肪厚及び空間的傾きに基き演算式により筋組織の光の吸収係数を求める。求めた光の吸収係数に基づいて、ヘモグロビン濃度や酸素飽和度を求める。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-517985.gif
研究分野
  • 生体計測
展開可能なシーズ 浅層組織の影響などを補正して人体や果物等の深層組織の光の吸収度合いを正確に測定できる光学的測定装置を提供する。
測定対象の層状形成体の浅層の厚さに応じて選択した演算パラメータを用いて層状形成体の深層の光の吸収度合いを求めるので、層状形成体の浅層の影響などを補正して光の吸収度合いを正確に測定できる。
用途利用分野 光学的測定装置、血液量変化計測器、果物深層吸収測定装置、光学的測定プログラム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人静岡大学, . 庭山 雅嗣, . 光学的測定装置、光学的測定方法、及び光学的測定プログラムを格納した記憶媒体. . 2009-10-15
  • G01N  21/35     
  • A61B   5/1455   

PAGE TOP