TOP > 技術シーズ検索 > 変換回路、アナログディジタル変換器、およびアナログ信号に対応したディジタル信号を生成する方法

変換回路、アナログディジタル変換器、およびアナログ信号に対応したディジタル信号を生成する方法

シーズコード S120008124
掲載日 2012年1月19日
研究者
  • 川人 祥二
技術名称 変換回路、アナログディジタル変換器、およびアナログ信号に対応したディジタル信号を生成する方法
技術概要 アナログ信号Vに応じた電荷を第1及び第2のキャパシタ25、27の各々に蓄積する。アナログ信号Vに対応したディジタル値(例えばD、D)を有するディジタル信号VDIGNを生成する。第2のキャパシタ27を演算増幅回路21の出力21cと反転入力21aとの間に接続すると共に、ディジタル信号VDIGNに応じたアナログ信号VD/Aを第1のキャパシタ端25aに供給して、第1の変換値VOUT1を演算増幅回路21の出力21cに生成する。第1及び第3のキャパシタ25、27を演算増幅回路21の出力21cと反転入力21aとの間に接続すると共に、第2のキャパシタ端27aにアナログ信号VD/Aを供給して、第2の変換値VOUT2を演算増幅回路21の出力21cに生成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-520635.GIF
研究分野
  • AD・DA変換回路
展開可能なシーズ パイプライン型のアナログディジタル変換器では、ステージ毎にスイッチトキャパシタ回路を含む乗算型D/A変換器が用いられる。これらのアナログディジタル変換器はキャパシタを含んでおり、そのキャパシタには不可避的にミスマッチが存在するため、それをキャンセルする必要がある。そこで、その補償を考慮した変換回路を提供する。
最小1.5クロック動作でキャパシタのミスマッチを補償することが可能なアナログディジタル変換器のための変換回路、また、その変換回路を含むアナログディジタル変換器を実現できる。さらに、最小1.5クロック動作でキャパシタのミスマッチを補償して、アナログ信号に対応したディジタル信号を生成する方法を実現できる。
用途利用分野 アナログディジタル変換器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人静岡大学, . 川人 祥二, . 変換回路、アナログディジタル変換器、およびアナログ信号に対応したディジタル信号を生成する方法. . 2009-10-29
  • H03M   1/14     

PAGE TOP