TOP > 技術シーズ検索 > 図形データ処理方法、図形データ処理プログラム及びそのプログラムを記録した記録媒体

図形データ処理方法、図形データ処理プログラム及びそのプログラムを記録した記録媒体

シーズコード S120008141
掲載日 2012年1月19日
研究者
  • 飯嶋 孝史
  • 石田 憲冶
  • 松森 堅治
  • 嶺田 拓也
技術名称 図形データ処理方法、図形データ処理プログラム及びそのプログラムを記録した記録媒体
技術概要 図形データ処理方法は、多角形をx座標値とy座標値からなる頂点データの配列で表し、複数の多角形によってひとつの平面領域を構成するような形式のデータが与えられたとき、1個の平面領域のデータに対して次の処理を行う。(1)自己交差多角形分割処理:自己交点を有する多角形についてその交点で複数の多角形に分割する。(2)複数多角形の重複解消処理:複数の多角形が交差して領域の一部で重なり合う場合に、その複数の多角形を重なり合いのない複数の多角形に変換する。(3)入れ子状多角形頂点列方向調整処理:複数の多角形が入れ子状になっている場合に、最も外側の多角形の頂点列の方向を時計回りとして、内側の多角形の頂点列の方向をそのすぐ外側の多角形の頂点列の方向の逆方向にする。(4)後処理:最後に全ての多角形の頂点列の終点に、その頂点列の始点と同じ座標値の頂点を追加する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2003-354037.gif
研究分野
  • 図形・画像処理一般
展開可能なシーズ 地理情報システムによって表示、加工等の処理を行うことを目的として作成された平面領域を表すシェープファイル形式のデータについて、多角形の自己交差、相互交差、内部領域の定義及び閉じた状態に関する規則に従わない部分があった場合に、自動的に修正する図形データ処理方法を提供する。
平面領域を表すデータに含まれる不規則な部分を自動的に且つ簡単に修正するため、地理情報システムによって表示、加工等の処理を正常に行うことができ、又デジタイザ等を用いたデータ作成時に、規則をあまり気にせずに作成することができ、更に、確認作業も省けることによって効率化できる。
用途利用分野 地図作成ソフト、図形認識ソフト、ゲームソフト
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 飯嶋 孝史, 石田 憲冶, 松森 堅治, 嶺田 拓也, . 図形データ処理方法、図形データ処理プログラム及びそのプログラムを記録した記録媒体. 特開2005-122302. 2005-05-12
  • G06T  11/60     
  • G06T  11/80     
  • G09B  29/00     

PAGE TOP