TOP > 技術シーズ検索 > 機能性植物、その機能性植物を生産するために使用されるプロモーター、ならびにその利用法

機能性植物、その機能性植物を生産するために使用されるプロモーター、ならびにその利用法

シーズコード S120008151
掲載日 2012年1月19日
研究者
  • 大槻 寛
  • 大島 正弘
技術名称 機能性植物、その機能性植物を生産するために使用されるプロモーター、ならびにその利用法
技術概要 特異的発現を行う少なくとも1つのプロモーターおよびプロモーターに作動可能に連結された遺伝子を含む、植物であって、プロモーターの特異性は、プロモーターを含有する遺伝子が含まれるcDNAデータベースにおけるプロモーターを含有する遺伝子の発現頻度に基づいて決定される、植物である。遺伝子は、構成的に発現され、葉において特異的に発現され、カルスにおいて特異的に発現される植物であり、植物はイネである。また、遺伝子は、病害抵抗性遺伝子または虫害抵抗性遺伝子であり、ビタミン合成遺伝子、糖合成遺伝子、脂質合成遺伝子、ポリケチド合成遺伝子、光合成系遺伝子、機能性成分合成遺伝子および転写因子からなる群より選択される遺伝子である植物である。また、プロモーターの特異性は、プロモーターを含有する遺伝子が含まれるcDNAデータベースにおけるプロモーターを含有する遺伝子の発現頻度に基づいて決定される。
研究分野
  • 遺伝子発現
展開可能なシーズ トランスジェニック植物において特定の遺伝子を特異的に発現させるためには、発現を促進するためのプロモーターのような遺伝エレメントをその特定の遺伝子に作動可能に連結させた混合物を形質転換などにより植物に導入することが必要である。所望の遺伝子を植物の所望の部位に任意に発現させるための系を構築し、cDNAライブラリーのデータベースを利用して特異的プロモーターを得ることにより機能性植物を作製する方法を提供する。
所望の遺伝子を植物の所望の部位に任意に発現させるための系を構築することができる。
用途利用分野 機能性植物、イネ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 大槻 寛, 大島 正弘, . 機能性植物、その機能性植物を生産するために使用されるプロモーター、ならびにその利用法. . 2005-07-21
  • C12N  15/09     
  • A01H   5/00     

PAGE TOP