TOP > 技術シーズ検索 > アレルゲン蛋白質の検出方法

アレルゲン蛋白質の検出方法

シーズコード S120008152
掲載日 2012年1月19日
研究者
  • 矢野 裕之
  • 黒田 秧
技術名称 アレルゲン蛋白質の検出方法
技術概要 蛋白質の検出方法は、被験試料中の蛋白質の遊離SH基をヨードアセトアミドによるアルキル化等により化学修飾することにより保護し、次いでその蛋白質のジスルフィド結合を切断して結合を形成していたSH基を露出させ、それとSH基標識物質とを反応させて、露出したSH基を検出することにより、ジスルフィド結合を有する蛋白質を検出する。更にこの方法を用いて、被験試料に含まれるアレルゲン蛋白質を検出できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-528835.gif
研究分野
  • 代謝一般
展開可能なシーズ ジスルフィド結合を有する蛋白質又はアレルゲン蛋白質を高感度に検出する方法を提供する。
ジスルフィド結合を有する蛋白質を、特異的かつ高感度に検出することができ、更にこの検出方法を利用してアレルゲン蛋白質の検出を行うことにより、被験試料中のアレルゲン蛋白質を効率良く検出できる。このアレルゲン蛋白質の検出方法は、従来のアレルゲン蛋白質のスクリーニング法では検出されにくかった微量なアレルゲン蛋白質も、高感度に検出できる。
用途利用分野 アレルゲン蛋白質検出キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 矢野 裕之, 黒田 秧, . アレルゲン蛋白質の検出方法. . 2005-12-08
  • G01N  33/68     
  • G01N  27/447    
  • G01N  33/483    

PAGE TOP