TOP > 技術シーズ検索 > 農業用シート敷設機

農業用シート敷設機

シーズコード S120008159
掲載日 2012年1月19日
研究者
  • 寺内 方克
  • 久保 光正
  • 杉松 力
  • 追立 祐治
  • 羽生 道明
  • 平原 徳明
技術名称 農業用シート敷設機
技術概要 シートロール装着部20は、作業時進行方向を横切るように農業用シートロール21が回転自在に装着され、左右両端を軸支することでロール21を回転自在に支持する。シート側縁埋設部30(30R,30L)は、機体フレーム10に左右一対に支持され、ロール21から展開した農業用シートの左右側縁を栽培床の側方に埋設する。圃場の上に展開された農業用シートの左右側縁を押さえ付けるためのシート押さえ車輪31が前段に備えられ、その後方位置に覆土器32が備えられ、シート押さえ車輪31と覆土器32とがセットになって左右一対の支持アーム33の後端位置にそれぞれ装備される。たるみ形成部40は、機体の中央付近でロール21からシート側縁埋設部30(30R,30L)に至る農業用シート21の下に配置され、栽培床を被覆する農業用シート21にその短辺方向のたるみを形成する。たるみ形成部40は、左右一対のシート側縁埋設部30R,30L間に配置されたシート浮かせ部材41を備え、このシート浮かせ部材41は、長手方向が作業機進行方向に沿うように配置されている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-046099_1.GIF thum_2009-046099_2.gif
研究分野
  • 圃場作業用機械
展開可能なシーズ 農業用被覆資材(農業用シート)を栽培床に機械被覆する際、農業用シートの下に有効な栽培空間を形成しながら、連続的に農業用シートを栽培床上に機械敷設することができ、作物の種類や栽培床の形状に応じて栽培空間の形態を可変に調整できる農業用シート敷設機を提供する。
農業用シート敷設機は、たるみ形成部によって、栽培床を被覆する農業用シートに短辺方向のたるみを長手方向に沿って連続的に形成することができる。これによって、農業用シートを栽培床に機械被覆するに際して、農業用シートの下にべた掛け栽培に適した栽培空間を形成することができる。
用途利用分野 農業用シート敷設機
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 寺内 方克, 久保 光正, 杉松 力, 追立 祐治, 羽生 道明, 平原 徳明, . 農業用シート敷設機. 特開2010-193864. 2010-09-09
  • A01G  13/02     
  • A01G  13/00     

PAGE TOP