TOP > 技術シーズ検索 > バイオフィルム形成阻害剤及び治療用器具

バイオフィルム形成阻害剤及び治療用器具

シーズコード S120008196
掲載日 2012年1月20日
研究者
  • 松田 武久
  • 前山 良
技術名称 バイオフィルム形成阻害剤及び治療用器具
技術概要 バイオフィルム形成阻害に有効な量のカテキン類と、カテキンを生体内に留置される治療用器具に付着させるのに適した担体とを含むことを特徴とするバイオフィルム形成阻害剤が提供される。即ち、バイオフィルムの形成を有効に阻害するために、カテキン類は、担体中に、カテキン除法量が1日当り0.22mg/cm2又はそれ以上の量で含まれることが好ましい。なお、担体中のカテキン類の含有量を変えることにより、カテキン類の徐放量を制御することが可能であり、この除法量は、前記治療用材料を用いる形態、適用対象の様々な要因などにより、適宜選択できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2004-337604.GIF
研究分野
  • 生薬の薬理の基礎研究
展開可能なシーズ 大腸菌を含むあらゆる細菌の死滅、細菌の増殖抑制によってバイオフィルム形成を効果的かつ永続的に阻害できる胆管ステント等の治療用器具及びその治療用器具にコーティングに適したステント形成阻害剤を提供すること。生体に対して安全かつ効率的な胆管ステント等の治療用器具及びその治療用器具にコーティングに適したステント形成阻害剤を提供する。
大腸菌を含むあらゆる細菌の死滅、細菌の増殖抑制すによって対象治療用器具におけるバイオフィルムの形成を有効に阻害できるバイオフィルム形成阻害剤及びそれを適用した治療用器具が提供される。
用途利用分野 抗細菌薬、バイオフィルム形成阻害剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州大学, . 松田 武久, 前山 良, . バイオフィルム形成阻害剤及び治療用器具. 特開2006-141794. 2006-06-08
  • A61L  31/00     
  • A61K  31/353    
  • A61K  47/34     
  • A61P  31/04     

PAGE TOP