TOP > 技術シーズ検索 > 光触媒、光触媒製造方法およびトリクロロエチレンの分解処理方法

光触媒、光触媒製造方法およびトリクロロエチレンの分解処理方法

シーズコード S120008228
掲載日 2012年1月20日
研究者
  • 錦織 広昌
  • 藤井 恒男
  • 田中 伸明
技術名称 光触媒、光触媒製造方法およびトリクロロエチレンの分解処理方法
技術概要 アロフェン-酸化チタン複合体からなる光触媒を以下の手順で作製する。アロフェンを除く組成を混合し、マグネティックスターラーで10分間攪拌してゾルゲル溶液を調整する。このゾルゲル溶液に超音波を照射しながらアロフェンを分散させ、ゲル化させる。チタンテトライソプロポキシド:6.8 mL・エタノール:40 mL・塩酸:1.0 mL ・アロフェン:0.27 g 続いて、得られたゲルを乾燥・固化させた後、400℃で3時間焼成し、粉砕して微粉化し、平均粒径5μmのアロフェン-酸化チタン複合体(光触媒)の粉末を得る。トリクロロエチレンガス分解テストにおいて、粉末サンプルを、円柱状のガラス容器からなる赤外分光分析用セルに配置する。ガス導入口からトリクロロエチレンガスを導入し、セルを密閉してガラス容器越しに粉末サンプルにブラックライト光照射を行う。得られた光触媒の性状と分解テスト結果を図に示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-202498.GIF
研究分野
  • 光化学反応
展開可能なシーズ アロフェンと酸化チタンとを含み、アロフェンと酸化チタンとの配合比が、Ti/Al比で10~60の範囲内である光触媒、その製造方法、および、これを用いたトリクロロエチレンの分解処理方法を提供する。
本発明によれば、光分解において生じる中間生成物の外部への放散を抑制しつつ、分解対象ガスを効率的に分解する光触媒、その製造方法、および、光触媒を用いたトリクロロエチレンの分解処理方法を提供することができる。
用途利用分野 光触媒、光触媒製造技術、トリクロロエチレン分解処理技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人信州大学, . 錦織 広昌, 藤井 恒男, 田中 伸明, . 光触媒、光触媒製造方法およびトリクロロエチレンの分解処理方法. 特開2011-050863. 2011-03-17
  • B01J  35/02     
  • B01J  21/16     
  • B01J  37/04     
  • B01J  37/08     
  • B01D  53/86     
  • A62D   3/176    
  • A62D   3/34     
  • A62D 101/22     

PAGE TOP