TOP > 技術シーズ検索 > 腕運動支援装置

腕運動支援装置

シーズコード S120008261
掲載日 2012年1月24日
研究者
  • 田中 英一郎
  • 石井 孝憲
技術名称 腕運動支援装置
技術概要 最初の図において、前腕支持部(0241、0242)は右前腕アーム(0229)、左前腕アーム(0230)と、右前腕部支持体固定具(0231)、左前腕部支持体固定具(0232)と、右前腕部支持体(0233)、左前腕部支持体(0234)と、右かまぼこ型センサー(0235)、左かまぼこ型センサー(0236)と、からなる。右前腕アーム(0229)は、右肘関節軸(0227)を介して、右上腕アーム(0221)と連結している。また、右前腕アーム(0229)には右前腕部支持体固定具(0231)が固定されており、右前腕部支持体固定具(0231)には右前腕部支持体(0233)が取り付けられている。この右前腕部支持体(0233)は、利用者が腕運動支援装置を利用する際、利用者の右前腕部分を利用者背面方向から挟み込むような形で支持する。かまぼこ型センサーは、前腕支持部に備えられ、装着者の前腕から加えられる押圧力を検知し、前腕支持部での装着者の腕の略すべり方向に弧を描くものである。後の図には、利用者の手の甲および前腕部分を、かまぼこ型センサーのかまぼこ形状のクッションの上を滑らせることができる様子を示す。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-064777_1.gif thum_2008-064777_2.gif
研究分野
  • 運動器系疾患の治療一般
  • リハビリテーション
  • 制御機器一般
展開可能なシーズ 利用者の腕部分を装置自体に固定することなく、利用者の前腕部分を支持する部位に、利用者が自身の腕をのせるだけで操縦できる、腕運動支援装置を提供する。
利用者の腕部分を装置自体に固定することなく、利用者の前腕部分を支持する部位に、利用者が自身の腕をのせるだけで操縦できる、腕運動支援装置が実現する。また、前腕支持部に取り付けられたセンサのみを用いて、前腕支持部と、上腕支持部と、の双方の駆動を制御できる腕運動支援装置が実現する。
用途利用分野 腕運動支援装置、感圧センサー
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人 芝浦工業大学, . 田中 英一郎, 石井 孝憲, . 腕運動支援装置. 特開2009-220195. 2009-10-01
  • B25J  13/08     
  • A61F   2/68     

PAGE TOP