TOP > 技術シーズ検索 > ダイゼイン資化によるエコール生成能を改善するための腸内細菌およびその利用

ダイゼイン資化によるエコール生成能を改善するための腸内細菌およびその利用

シーズコード S120008304
掲載日 2012年1月24日
研究者
  • 田村 基
技術名称 ダイゼイン資化によるエコール生成能を改善するための腸内細菌およびその利用
技術概要 ダイゼインを資化してエコールを生産する能力を有する、ヒトの腸内細菌(特に、Slackia属菌TM-30)、腸内細菌叢全体のダイゼインを資化してエコールを生産する能力を効果的に向上させる能力を有する腸内細菌(Bifidobacterium adolescentis、Bifidobacterium breve)およびエコール生産能を向上させるための、この腸内細菌を含む組成物、およびダイゼインを資化してエコールを生産する能力を有するヒトの腸内細菌の分子生物学的手法を用いて迅速検出し、定量測定する。
研究分野
  • 微生物学(ウイルス以外)一般
展開可能なシーズ ダイゼインを資化してエコールを生産する能力を有する、ヒトの腸内細菌(特に、Slackia属菌TM-30)および、腸内細菌叢全体のダイゼインを資化してエコールを生産する能力を効果的に向上させる能力を有する腸内細菌(Bifidobacterium adolescentis、Bifidobacterium breve)およびそれらの利用方法、エコール生産能を向上させるための方法であって、腸内細菌または組成物を、処置が必要とされる被験体に投与する工程を包含する方法を提供する
本究明のSlackia属菌もしくはBifidobacterium菌は、糞便腸内細菌叢に添加するとエコール生成能を顕著に向上させる。Bifidobacterium菌は、イソフラボン含有食品と同時もしくは個別に経口的に摂取することで、腸内細菌叢のダイゼインを資化してエコールを生産するダイゼイン資化能を短期間で向上させることができる。
用途利用分野 腸内細菌利用剤
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 田村 基, . ダイゼイン資化によるエコール生成能を改善するための腸内細菌およびその利用. 特開2006-204296. 2006-08-10
  • C12N   1/20     
  • A61K  35/74     

PAGE TOP