TOP > 技術シーズ検索 > 識別子付与による農産物流通における農産物の個体情報入手システム

識別子付与による農産物流通における農産物の個体情報入手システム

シーズコード S120008318
掲載日 2012年1月24日
研究者
  • 杉山 純一
技術名称 識別子付与による農産物流通における農産物の個体情報入手システム
技術概要 識別子付与による農産物の流通システムは、農産物に識別子を付与することにより、農産物の生産者以外の者が識別子に基づいて農産物の個体情報を自在に入手可能としている。又この流通システムは、生産された農産物に付与された識別子と、識別子と共にデータベース化された農産物の個体情報を記憶する記憶手段と、生産者以外の者側に設けられ、記憶手段にアクセスして識別子を送信することにより、この識別子で特定される農産物の個体情報を自在に入手できる個体情報入手手段とを備える。この識別子付与による農産物の流通システムは、消費者や小売業者が、更には中間業者が存在する場合にはこの中間業者が、個体情報入手手段を用いて記憶手段にアクセスし、所望の農産物に付与された識別子を送信することにより、農産物の個体情報を入手できる。このため、消費者等は彼らが要求する栽培方法等によって生産された農産物を容易に購入できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_1997-108626.gif
研究分野
  • ドキュメンテーション
展開可能なシーズ 消費者等が、種々の精度の良い品質測定器により測定された個々の農産物の品質を容易に知ることができる流通システムを得る。
この農産物の流通システムでは、消費者や小売業者等が、個体情報入手手段を用いて記憶手段にアクセスし、所望の農産物に付与された識別子を送信することにより、農産物に関する個体情報を入手できる。このため、消費者等は消費者が要求する栽培方法等によって生産された農産物を容易に購入できる。更に、個体情報を知りたい消費者等の住所等を送信することにより、消費者等が個体情報を入手可能とすることで、生産者側が消費者情報を得られ、その後の生産計画に反映させることができる。これらの結果、実用上の効果が大きい流通システムの確立を図ることができる。
用途利用分野 農産物の流通システム、農産物情報入手システム、農産物に対するニーズ把握システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 杉山 純一, . 識別子付与による農産物流通における農産物の個体情報入手システム. 特開平10-302105. 1998-11-13
  • G07C 11/00      
  • G06F 17/60    102

PAGE TOP