TOP > 技術シーズ検索 > 背景画像推定に基づく物体検出方法及び物体検出装置

背景画像推定に基づく物体検出方法及び物体検出装置

シーズコード S120008407
掲載日 2012年1月25日
研究者
  • 石川 聖二
  • タン ジュークイ
  • 三好 誠
  • 森江 隆
技術名称 背景画像推定に基づく物体検出方法及び物体検出装置
技術概要 徐行移動可能な1つの画像入力手段を用い、予め設定した時間間隔で撮影された複数の画像フレームFi-1、Fiの背景画像10から、移動物体画像11を検出する物体検出方法及び物体検出装置であって、背景画像推定手段により、画像フレームFiを構成する画素12ごとに、画像フレームFi-1を用いて画像フレームFiを構成する画素12の濃度値の正規分布を求め、画像フレームFiの各画素12の濃度値とその正規分布との比較から背景画像10を推定し、移動物体画像11を得る。画像フレームのうち、前の画像フレームAを構成する画素ごとの濃度値の正規分布Aを用いて、前記画像フレームAの各画素の位置と該画像フレームAの次の画像フレームBの各画素の位置との対応から、該画像フレームBを構成する画素ごとの濃度値の正規分布Bを求め、前記画像フレームBを構成する画素ごとの濃度値が、前記濃度値の正規分布Bの予め設定した値の範囲内か否かを基準に推定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-158120.gif
研究分野
  • ロボットの設計・製造・構造要素
  • パターン認識
展開可能なシーズ 徐行移動可能な1つの画像入力手段(例えば、カメラ)で撮影された画像フレームの背景画像から移動物体画像を検出する背景画像推定に基づく物体検出方法及び物体検出装置を提供する。
各画像フレームを構成する画素ごとに濃度値の正規分布を求め、各画像フレームの各画素の濃度値の正規分布と各画像フレーム上の各画素の濃度値とを比較するので、背景画像を推定でき、移動物体の画像が得られる。
用途利用分野 自動車安全走行装置、移動ロボット視覚情報処理システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人九州工業大学, . 石川 聖二, タン ジュークイ, 三好 誠, 森江 隆, . 背景画像推定に基づく物体検出方法及び物体検出装置. 特開2011-013978. 2011-01-20
  • G06T   7/20     
  • H04N   5/225    
  • H04N   5/232    

PAGE TOP