TOP > 技術シーズ検索 > 降霜検知装置

降霜検知装置

シーズコード S120008446
掲載日 2012年1月27日
研究者
  • 登尾 浩助
技術名称 降霜検知装置
技術概要 基板上に電極が所定のパターンで形成された検知部20と、検知部の電極に接続されてTDR(Time Domain Reflectometry)法によって、検知部の比誘電率を求める比誘電率測定器30とを備える。さらに、検知部20の温度を検出する温度計40と、比誘電率測定器30で検出された比誘電率及び温度計40で検出された温度に基づいて降霜状態を判定する判定装置50とを備える。そして、検知部20の状態(乾燥、露、霜)を判定する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-028366.gif
研究分野
  • 湿度測定,湿度計
展開可能なシーズ 従来の、結露及び降霜を検知する手段としての振動式の装置は、振動子上へのゴミ、その他物質の付着あるいは内外部から加えられる振動の影響で容易に誤動作をする問題があった。また、光学式の装置は、小型化が困難で製造コストも高いという問題があった。これに対し、安価で検知精度の優れた結露及び降霜状態の検知装置として、一対の感温抵抗素子と発熱電流源を備えた、装置があるが結露状態と降霜状態との明確な区別をすることが困難であった。そこで、安価で検知精度の優れた降霜検知装置を提供する。
安価で検知精度の優れた降霜検知装置を提供することができる。Mata,高分子皮膜も不要で、結露、降霜状態を明確に検知することができる。
用途利用分野 降霜検知装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人明治大学, . 登尾 浩助, . 降霜検知装置. 特開2009-186387. 2009-08-20
  • G01W   1/00     

PAGE TOP