TOP > 技術シーズ検索 > 複合微細構造体およびその製造方法

複合微細構造体およびその製造方法

シーズコード S120008515
掲載日 2012年1月31日
研究者
  • 出来 成人
  • 水畑 穣
技術名称 複合微細構造体およびその製造方法
技術概要 第1の金属元素と16族元素(O,S,またはSe)から選ばれる1の非金属元素との化合物層内部に、この第1の金属元素とは異なる第2の金属元素と前記16族非金属元素との化合物からなる略同一粒径(10nm~10μm)の微粒子が最密充填されていることを特徴とする複合微細構造体。前記複合微細構造体をLPD法により製造する方法であって、基板上に、略同一粒径の有機高分子微粒子が最密充填構造を採る様に並べてテンプレートを形成する工程a、第1の金属フッ化物錯体が溶解した反応溶液に前記テンプレートを浸漬した後、反応溶液にフッ素イオン消費剤を添加混合して前記有機高分子微粒子の表面および粒子同士の間隙に、第1の金属と16族非金属元素との化合物を析出させる工程b、前記工程bの生成物から有機高分子微粒子を除去し、多数の空孔を有する第1の金属化合物層を形成する工程c、第2の金属のフッ化物錯体が溶解した反応溶液に前記第1の金属化合物層を有する基板を浸漬した後、反応溶液にフッ素イオン消費剤を添加混合して、前記空孔内に第2の金属と16族非金属元素との化合物を析出させる工程dを含むことを特徴とする複合微細構造体の製造方法。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-075356.GIF
研究分野
  • 高分子担体・触媒反応
  • セラミック・陶磁器の製造
展開可能なシーズ 略同一粒径の金属化合物微粒子が、マトリックスである異種金属化合物相の中に規則的に配列充填された三次元構造を有する複合微細構造体を、簡単に製造することのできる方法を見出して、フォトニック結晶や様々な用途への適用が可能な複合微細構造体を提供する。
ある金属化合物の連続相の中に、略同一粒径の異種の金属化合物微粒子が三次元的に規則正しく配列する構造の複合微細構造体が得られる。この複合微細構造体はあらゆる方向の光を受け取ることができるため、例えば、新規フォトニック結晶として、光学デバイスの実用化に寄与することができると考えられる。また、気相法やリソグラフィ技術を用いずに、所望のサイズの複合微細構造体を容易に製造することができるため、今後、フォトニック結晶を工業的に製造する際や、他の用途に展開する場合においても、極めて工業的に有用な製造方法である。
用途利用分野 フォトニック結晶
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人神戸大学, . 出来 成人, 水畑 穣, . 複合微細構造体およびその製造方法. 特開2008-230925. 2008-10-02
  • C01G  23/00     
  • B82B   1/00     
  • B82B   3/00     

PAGE TOP