TOP > 技術シーズ検索 > 交換ノード、通信システム及び交換ノード制御方法

交換ノード、通信システム及び交換ノード制御方法

シーズコード S120008576
掲載日 2012年2月3日
研究者
  • 宮保 憲治
  • 宮原 一紀
技術名称 交換ノード、通信システム及び交換ノード制御方法
技術概要 交換ノード及び交換ノード制御方法は、測位衛星からの電波を受信して自己の位置を算出する位置情報算出部を備え、コネクションの設定に際し、位置情報算出部の算出した自己の位置情報と識別情報とを呼設定要求パケットのヘッダ情報に追加することを特徴とする。また、位置情報判定部が、呼設定要求パケットのヘッダ情報に記録されている発信元の端末に最も近い交換ノードの位置情報及び識別情報の組み合わせが予め記憶部に記憶されているか否かを判定し、コネクション制御部が、一致すると判定した呼設定要求パケットのコネクションの設定を優先的に受け付けることを特徴とする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-549144.gif
研究分野
  • 通信機器一般
展開可能なシーズ インターネットなどのIPトラヒックのネットワーク制御では交換ノードの地理的な情報が付与されることはなく、通信事業者によるパケットの伝送経路の探索が困難であった。それに対し、呼設定要求パケットの絶対的な位置での伝送経路の探索を可能とし、安全なネットワークの保守運用管理を可能とする交換ノード及び交換ノードの制御方法の提供する。
パケットのヘッダ情報に通過した交換ノードの正確かつ絶対的な位置を記録することができるので、パケットの絶対的な位置での伝送経路の探索をすることができる。これにより、DOS攻撃やDDOS攻撃をした端末を特定できれば、ネットワーク側で防止策を講じたり、攻撃側がDOS攻撃やDDOS攻撃を控えたりするので、安全なネットワークの保守運用管理が可能となる。また、DOS攻撃やDDOS攻撃などの外部からの攻撃があっても発信元となる端末の位置を特定することができるので、安全なネットワークの保守運用管理が可能となる。
用途利用分野 パケット交換機
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京電機大学, 富士ソフト株式会社, . 宮保 憲治, 宮原 一紀, . 交換ノード、通信システム及び交換ノード制御方法. . 2009-05-21
  • H04L  12/56     

PAGE TOP