TOP > 技術シーズ検索 > 機能性糸状菌検出方法、機能性糸状菌含有製品の評価方法及びプライマー対

機能性糸状菌検出方法、機能性糸状菌含有製品の評価方法及びプライマー対

シーズコード S120008595
掲載日 2012年2月3日
研究者
  • 中崎 清彦
技術名称 機能性糸状菌検出方法、機能性糸状菌含有製品の評価方法及びプライマー対
技術概要 (1)GTGTTGCATGTAGCTGCCTCCTC(GM2125F:配列番号1)、(2)TGACGCGAGAGTTATCCAGACCTAC(GM2152R:配列番号2)、(3)GTGTTGGTTGTAGCTGCCTCCTC(GM2127F:配列番号3)、(4)TGGTAATTCGAGGAGAGGCAC(GM2172R:配列番号4)で示されるポリヌクレオチドを用いて、PCRを行い、試料中の機能性糸状菌ヒメツブヒトヨタケ(Coprinellus curtus)を検出するものである。検出対象として機能性糸状菌ヒメツブヒトヨタケGM-21(NITE BP-37)である。試料は、検出対象としての機能性糸状菌が存在し得る固相、水相、コロイド状、粉体、乾燥物等を含むことができ、機能性糸状菌が存在しうる土壌、コンポスト試料、培養物試料及び固定化物試料などである。また、GM2125F若しくはGM2127F、GM2152R若しくはGM2172R、で構成されたプライマー対を用いて定量的PCRを行い、定量的PCRの結果に基づいて機能性糸状菌含有製品中の機能性糸状菌ヒメツブヒトヨタケの存在又は濃度を評価する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-214394.GIF
研究分野
  • バイオアッセイ
  • 遺伝子の複製
展開可能なシーズ 機能性糸状菌ヒメツブヒトヨタケ(Coprinellus curtus)を高い精度で検出することができる機能性糸状菌検出方法及び機能性糸状菌含有製品の評価方法を提供する。
機能性糸状菌ヒメツブヒトヨタケを高い精度で検出することができる機能性糸状菌検出方法及び機能性糸状菌含有製品の評価方法を提供することができる。すなわち、配列番号1~4で示されるポリヌクレオチドは機能性糸状菌ヒメツブヒトヨタケに対して高い特異性を示すものであるので、これらのポリヌクレオチドを用いることにより、試料中の機能性糸状菌ヒメツブヒトヨタケを精度よく検出することができる。
用途利用分野 ヒメツブヒトヨタケ検出用試薬、ヒメツブヒトヨタケ検出キット、ヒメツブヒトヨタケ含有製品評価キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人静岡大学, . 中崎 清彦, . 機能性糸状菌検出方法、機能性糸状菌含有製品の評価方法及びプライマー対. 特開2010-046032. 2010-03-04
  • C12N  15/09     
  • C12Q   1/68     

PAGE TOP