TOP > 技術シーズ検索 > 有機高分子製品に自己消火性を付与する改質剤およびその使用方法並びに自己消火性を有する有機高分子製品

有機高分子製品に自己消火性を付与する改質剤およびその使用方法並びに自己消火性を有する有機高分子製品

シーズコード S120008608
掲載日 2012年2月6日
研究者
  • 由井 浩
  • 生島 和正
技術名称 有機高分子製品に自己消火性を付与する改質剤およびその使用方法並びに自己消火性を有する有機高分子製品
技術概要 吸水性ポリマーの存在下でケイ素アルコキシドを加水分解し重縮合したシロキサン化合物を含む溶液を、コーティング、刷毛塗り、含浸処理などを行った後に自然乾燥または30~150℃の温度で10分~24時間加熱乾燥することにより、有機高分子製品に対してシロキサン化合物が0.01~5.00重量%含有された改質有機高分子製品を得ることができる。(表1に木材への適用例を示した。)また、ディップコーティング、スプレーコーティングなどの方法を用いることによって、シロキサン化合物の含有量を0.01~3.00重量%に制御することもできる。最良には、0.01~5.00重量%、或いは0.01~3.00重量%、という少量のシロキサン化合物の含有量で有機高分子製品に自己消火性を付与することができる。このため、有機高分子製品の重量増加を最少限に抑えることができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-070278.gif
研究分野
  • 難燃剤
展開可能なシーズ 物性を低下させることなく、有機高分子製品に対して簡易且つ低コストで自己消火性を付与することができ、有害ガスが発生する原因とならない有機高分子製品の改質剤、その使用方法、および自己消火性を有する有機高分子製品を提供する。
有機高分子製品固有の物性を低下させることなく、有機高分子製品に対して簡易且つ低コストで自己消火性を付与することが可能となる。また、火災時に有毒ガスを発生するハロゲン化合物などの物質を用いないため、環境に対する負荷は極めて小さい。
用途利用分野 難燃性木材、難燃性ダンボール、難燃性プラスチック製品
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 武蔵エンジニアリング(株), 早稲田大学, . 由井 浩, 生島 和正, . 有機高分子製品に自己消火性を付与する改質剤およびその使用方法並びに自己消火性を有する有機高分子製品. 特開2009-221435.
  • C09K  21/14     
  • C08J   7/04     

PAGE TOP