TOP > 技術シーズ検索 > 地図表示装置および地図表示方法

地図表示装置および地図表示方法

シーズコード S120008651
掲載日 2012年2月7日
研究者
  • 高橋 直久
  • 谷口 和也
技術名称 地図表示装置および地図表示方法
技術概要 地図表示装置100は、情報記憶部であるデータベース140と、地図および表示アイコンを表示する地図表示部130と、アイコンが重畳するか否かを判定する重畳判定部110と、表示アイコンを作成するアイコン作成部120とから構成される。データベース140は、地図を表示するために用いられる地図情報、ランドマークに関する情報であるランドマーク情報、アイコンツリー情報、アイコンノード情報、重畳情報、および領域情報を記憶する。ランドマークは、地図上に表示される地物のうち、利用者が目印として用いうるものである。ランドマーク情報は、ランドマーク名と、ランドマークの位置座標と、ランドマークに対応するアイコンを示すアイコン名とを有する。アイコンツリーは、最上部に位置する根アイコンノードと、最底部に位置する葉アイコンノードと、根アイコンノードと葉アイコンノードとの間に位置する内部アイコンノードとから構成されるツリー構造であり、各アイコンが示すランドマークの包含関係をツリー構造で示す。アイコンツリー情報は、アイコンツリーを構成するアイコンノードの名称、および各アイコンノードの接続関係を示すデータとから構成される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-186577.gif
研究分野
  • 計算機利用技術
  • 人文地理学
展開可能なシーズ 地物の存在を示すアイコンを地図上に表示する地図表示装置を提供する。
ある領域に多数の地物が存在する場合であっても、どのような地物が存在するかを利用者が把握することができる地図表示装置を得る。
用途利用分野 地図表示装置、アイコン
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 名古屋工業大学, ヤフー株式会社, . 高橋 直久, 谷口 和也, . 地図表示装置および地図表示方法. 特開2009-258583. 2009-11-05
  • G09B  29/00     
  • G06F   3/0481   
  • G01C  21/26     

PAGE TOP