TOP > 技術シーズ検索 > 薄切片試料の含有水分量測定装置および方法

薄切片試料の含有水分量測定装置および方法

シーズコード S120008667
掲載日 2012年2月8日
研究者
  • 伊藤 弘昌
  • 碇 智文
技術名称 薄切片試料の含有水分量測定装置および方法
技術概要 テラヘルツ波発生器12、光波分割素子14、参照光検出器16、照射光学系18、透過光検出器20、演算装置22及び周波数制御装置24を備える。演算装置22により、入射光強度と透過光強度から薄切片試料1の照射部分の透過率Tを求め、薄切片試料の厚さdを用いて、ランベルト・ベールの法則によって試料の吸収係数αを求め、水分の吸収係数αwから薄切片試料の含有水分の体積分率νwを求める。また、周波数制御装置24により透過率Tが所定の最適範囲内(例えばT=0.22~0.55)となるようにテラヘルツ波の発生周波数を制御することにより、薄切片試料の含有水分量を測定できる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2007-297520.gif
研究分野
  • 生体計測
  • 赤外・遠赤外領域の測光と光検出器
展開可能なシーズ テラヘルツ(THz)波の水の強い吸収を積極的に利用した水分量測定に関して、従来の手段では、生体試料のような薄切片試料中の水分量を簡易かつ迅速に測定することは困難であった。また、THz波の透過率を利用する場合でも、適正な透過率を得るために試料の厚さ調整が不可欠であり、特に生体組織の場合に試料の厚さ調整に手間を要していた。そこで、生体試料のような薄切片試料中の水分量を簡易かつ迅速に高精度で測定することができ、かつ試料の精密な厚さ調整なしに適正な透過率を得ることができる薄切片試料の含有水分量測定装置および方法を提供する。
生体組織中における水の占める割合が大きいこと、およびTHz波周波数帯では水の吸収係数が比較的強いことを利用して、薄切片中の任意の領域(THz波の照射領域)の水分量を、透過法を利用して測定できる。
用途利用分野 含有水分量測定装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人理化学研究所, . 伊藤 弘昌, 碇 智文, . 薄切片試料の含有水分量測定装置および方法. 特開2009-122007. 2009-06-04
  • G01N  21/35     

PAGE TOP