TOP > 技術シーズ検索 > 外来遺伝子を導入しない、非遺伝子組換えの遺伝子欠損株とその作製および選抜方法

外来遺伝子を導入しない、非遺伝子組換えの遺伝子欠損株とその作製および選抜方法

シーズコード S120008914
掲載日 2012年2月17日
研究者
  • 井上 康宏
技術名称 外来遺伝子を導入しない、非遺伝子組換えの遺伝子欠損株とその作製および選抜方法
技術概要 欠損させたい遺伝子の上流領域および下流領域のDNA領域をPCRによって増幅し、得られた上流領域および下流領域のDNA断片を連結して環状化し、この環状化DNAを宿主細菌に導入し、相同組換えにより目的の遺伝子領域を欠損させた遺伝子破壊株を作製できることを利用するものである。また、この遺伝子破壊株は、欠損させたい遺伝子の上流領域および下流領域のDNA領域よりさらに、上流領域または下流領域に設計されたプライマー(すなわち、宿主細菌のDNA上における相同組換え部位の外側に設計されたプライマー)を用いたNested-PCR法により、正確に選別することが可能であることを利用するものである。すなわち、欠損させたい遺伝子の上流領域および下流領域のDNAをPCRによって増幅し、得られた上流領域および下流領域のDNA断片を結合PCRによって連結させ、上流領域および下流領域の連結DNA断片を得て、それをセルフライゲーションにより環状化し、得られた環状化DNAを宿主細菌に導入し、この細菌のDNAと相同組換えを行う外来遺伝子を使用しない遺伝子欠損細菌株を作製する方法である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-226016.GIF
研究分野
  • 分子遺伝学一般
展開可能なシーズ 圃場においても使用可能な、外来遺伝子が導入されていない、すなわち、遺伝子組換え体に該当しない遺伝子欠損細菌株の作出方法を提供する。
外来遺伝子を挿入することなしに遺伝子欠損株を作製することが可能となった。したがって、また、作製した株は遺伝子組換え体ではないために、野外で使用することができ、微生物農薬など病害防除への応用に利用することが可能である。
用途利用分野 遺伝子欠損細菌株作出試薬、遺伝子欠損細菌株作出キット
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構, . 井上 康宏, . 外来遺伝子を導入しない、非遺伝子組換えの遺伝子欠損株とその作製および選抜方法. 特開2010-057406. 2010-03-18
  • C12N  15/09     
  • C12N   1/20     
  • C12Q   1/68     

PAGE TOP