TOP > 技術シーズ検索 > 金属構造体、該金属構造体を含む反射光学素子、および該反射光学素子を備える表示素子

金属構造体、該金属構造体を含む反射光学素子、および該反射光学素子を備える表示素子

シーズコード S120008938
掲載日 2012年2月20日
研究者
  • 山田 勝実
  • 小山 茉莉
技術名称 金属構造体、該金属構造体を含む反射光学素子、および該反射光学素子を備える表示素子
技術概要 この反射光学素子12は、金属構造体24と、光透過性の上部基板16と下部基板14との間に封入された金属構造体を浸漬するための電解液18と、電解液に電圧を印加するための電圧印加手段とを備える。反射型ディスプレイ10、および電子ペーパは、表示素子12を備えてなる。この金属構造体24は、基底部26と、基底部から多数形成される極細の突条部28であって、静電場によってその立体構造が変化する突条部28とを含む。突条部の径を400nm以下とすることが好ましい。また、突条部は、基底部からブラシ状に立設する。金属構造体は、金、白金、銀、銅、パラジウム、ニッケル、スズ、またはこれらの合金からなる群より選択した金属で形成する。画像形成方法は、外部光を利用する。ここでは、基底部と、基底部から多数形成され、静電場によって立体構造が変化する突条部とを含む金属構造体に対して、電解液中で電圧を印加し、その印加電圧のバイアス方向を領域選択的に異ならせることによって、金属構造体の反射特性を領域選択的に変化させて画像を形成する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-085480.gif
研究分野
  • 光学情報処理
展開可能なシーズ 化学的プロセスにより、簡便・安価に製造可能にし、且つ、高い歩留まりを実現可能にする反射光学素子を提供する。反射光学素子を備える表示素子、更に、反射光学素子を表示素子として備える、反射型ディスプレイ及び電子ペーパを提供する。
化学的プロセスによって簡便・安価に製造することができ、且つ、歩留まりの高い反射光学素子を実現できる。反射型ディスプレイ及び電子ペーパを提供できる。
用途利用分野 金属構造体、反射光学素子、反射型ディスプレイ、電子ペーパ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京工芸大学, . 山田 勝実, 小山 茉莉, . 金属構造体を含む反射光学素子および該反射光学素子を備える表示素子. 特開2010-237448. 2010-10-21
  • G02B   5/08     
  • G09F   9/30     
  • G02B  26/00     

PAGE TOP