TOP > 技術シーズ検索 > メールフィルタリングシステム、そのコンピュータプログラム、情報生成方法

メールフィルタリングシステム、そのコンピュータプログラム、情報生成方法

シーズコード S120008952
掲載日 2012年2月20日
研究者
  • 和田 俊和
技術名称 メールフィルタリングシステム、そのコンピュータプログラム、情報生成方法
技術概要 このシステムは、広告型メールの送信元のIPアドレス集合を登録するための広告型メール送信元データベース13eと、非広告型メールの送信元のIPアドレス集合を登録するための非広告型メール送信元データベース13a~13dと、を含む分類用データベース13を備える。メールヘッダの送信元IPアドレスに対する最近傍探索を広告型メール送信元データベース及び非広告型メール送信元データベースそれぞれに対して行い、最近傍探索によって得られた最近傍アドレスから広告型メールらしさを示す弁別度を求める。広告型メールの送信元IPアドレス集合は、広告型メールのメール配信方法の適切さの判断に利用可能な情報として出力される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-168408_1.GIF thum_2009-168408_2.GIF
研究分野
  • 情報処理一般
展開可能なシーズ 広告型メールのメール配信方法の適切さの判断材料となる情報を生成可能にするメールフィルタリングシステムを提供する。
広告型メールの送信元IPアドレスには、狭義の迷惑メールや正常メールのアドレスとは識別可能な偏りがあることの知見から、過去に広告型メールを送信したサーバのIPアドレス集合を予め登録しておけば、新たに受信したメールのフィルタリングの際に広告型メールを識別して、広告型メールらしさの弁別度を求めることができ、広告型メールのメール配信方法の適切さの判断材料となる情報を出力することができる。
用途利用分野 メールフィルタリングシステム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 和歌山大学, . 和田 俊和, . メールフィルタリングシステム、そのコンピュータプログラム、情報生成方法. 特開2011-022876. 2011-02-03
  • G06F  13/00     
  • H04L  12/58     

PAGE TOP