TOP > 技術シーズ検索 > 光情報記録媒体およびその作製方法

光情報記録媒体およびその作製方法 新技術説明会

シーズコード S120008962
掲載日 2012年2月20日
研究者
  • 的場 修
技術名称 光情報記録媒体およびその作製方法 新技術説明会
技術概要 本発明は、3次元構造の光散乱体中に埋め込まれた光エネルギー吸収体とからなる光情報記録媒体において、光散乱体が多孔質媒質であり、その散乱係数分布が光散乱体中の空孔の大きさと密度分布によって制御されたものである。多孔質媒質の光散乱体とは、ガラスやポリマー樹脂等の材料内部に空孔を多数空けることにより作製された散乱体をいう。空孔を空ける際のパラメータとしては、孔径と孔密度である。光散乱体の散乱係数分布は、光散乱体中の空孔密度分布によって制御可能である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-205137.gif
研究分野
  • 電子・磁気・光学記録
展開可能なシーズ 本発明は、次世代光メモリとして期待される散乱体メディアに関する。光散乱体の内部に吸収体を埋め込み、その吸収体の位置・個数・サイズ等を情報として扱うことにより、個人認証ならびに情報秘匿記録を行うといったシステム構築には、散乱係数分布が既知である場合にのみ光吸収体(情報)の再構成が可能となることから、散乱係数を制御する技術が必要である。しかし、従来の濃度を変えるものでは、散乱体メディアの、微小な厚さの3次元空間内で散乱係数を複雑に制御することは極めて困難である。そこで、散乱体メディアにおいて、吸収体の再構成に必要不可欠となる散乱係数が制御された光散乱体、並びに光散乱体の作製方法を提供することを目的とする。
本発明によれば、散乱体メディアにおいて、吸収体の再構成に必要不可欠となる散乱係数分布が制御された光散乱体を得られることができ、散乱係数分布の情報から得られる重み関数を用いた再構成アルゴリズムを用いて、光散乱体内部に情報として埋め込まれた吸収体の情報を得ることが可能となる。
用途利用分野 光メモリ、光散乱体メディア
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人神戸大学, . 的場 修, . 光情報記録媒体およびその作製方法. 特開2011-054258. 2011-03-17
  • G11B   7/24035  
  • G11B   7/243    
  • G11B   7/244    
  • G11B   7/26     
  • G11B   7/24038  
  • G11B   7/0045   

PAGE TOP