TOP > 技術シーズ検索 > 光情報記録装置(反射型ホログラフィックメモリ装置)

光情報記録装置(反射型ホログラフィックメモリ装置)

シーズコード S120008963
掲載日 2012年2月20日
研究者
  • 的場 修
  • 横浜 由二
技術名称 光情報記録装置(反射型ホログラフィックメモリ装置)
技術概要 本発明では、信号光及び/又は参照光の導光路にランダム位相変調多重記録手段を設け、かつ、空間シフト多重記録手段を設けることにより、反射型ホログラフィックメモリの記録容量を増大する。また、ディスクの厚み方向に記録することにより、さらに記録容量を増大する。すなわち、ランダム位相変調多重記録と空間シフト多重記録を組み合わせて、記録密度を1,2桁向上させ、反射型ホログラムの微小記録領域を利用して積層型による記録容量の向上を図る。また、同時にランダム位相変調多重記録によって暗号化の効果も得る。
研究分野
  • 電子・磁気・光学記録
展開可能なシーズ ホログラフィックメモリは、1テラバイト超の記録容量と、10ギガ毎秒の高速読み出し転送が可能な次世代の記録メディアであるが、既存の光メモリ技術との整合性に乏しく、製品化するのにコストパフォーマンスが悪いといった課題があった。そこで、光ピックアップ系の動作機構を有するディスク型記録媒体を用い、信号光と参照光を同軸に対向するように導波させ、ディスク型記録媒体上で信号光と参照光の偏向面を揃えることにより、既存技術との互換性によく、製品化するのにコストパフォーマンスの高いホログラフィックメモリを提供することを目的とする。
本発明の反射型ホログラフィックメモリ装置は、既存の光ピックアップ技術を使用できるため、産業応用等の実用化障壁が低いといった効果がある。また、数μm間隔で多重記録を行え、数百Gbyteから数Tbyteの記録容量が可能となり、ビットエラーレートも1%以下にできる。
用途利用分野 ホログラフィックメモリ
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人神戸大学, . 的場 修, 横浜 由二, . 光情報記録装置(反射型ホログラフィックメモリ装置). . 2008-06-26
  • G11B   7/0065   
  • G03H   1/04     
  • G03H   1/26     
  • G11B   7/135    
  • G11B   7/24     

PAGE TOP