TOP > 技術シーズ検索 > 船舶通航監視システム

船舶通航監視システム

シーズコード S120008976
掲載日 2012年2月20日
研究者
  • 廣田 恵
  • 佐藤 敦
  • 寺西 陽子
  • 飯島 健二
  • 木内 英樹
  • 三品 尚登
技術名称 船舶通航監視システム
技術概要 船舶通航監視システムにおいて、港湾の海底1に複数個の磁気センサ2-1、2-2…、2-n及び複数個の電界(UEP:アンダーウォーター・エレクトリック・ポテンシャル)センサ3-1、3-2…、3-nが配置されている。これらの磁気センサ2-1、2-2…、2-n及び電界センサ3-1、3-2…、3-nの各磁気検知信号及び電界(電位差)検知信号は個別にケーブル4により、陸上の管理塔5に設けられるCPU6に取り込むようになっている。このシステムでは、ケーブル4上に磁気センサ2-1、2-2…、2-n及び電界センサ3-1、3-2…、3-nを配置している。管理塔5のCPU6には、磁気センサ2-1、2-2、…、2-n及び電界センサ3-1、3-2、…、3-nの検知信号を、各センサ毎に記憶する検知データ記憶部を備えている。また、この検知データ記憶部は、磁気センサ2-1、2-2…、2-n及び電界センサ3-1、3-2、…、3-nのそれぞれの検知信号が直流成分と交流成分に分離されるので、各センサの直流成分と交流成分を分離して記憶する領域を備えている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-113281.gif
研究分野
  • 水上輸送・サービス
展開可能なシーズ 複数の船舶が輻輳し、音響環境ノイズが大きい港湾などにおいても精度良く通航監視を行い得る船舶通航監視システムを提供する。
磁気センサと電界センサとを海中に設置し、磁気センサの磁気検知信号と電界センサの電界検知信号により船舶の通航を監視するので、複数の船舶が輻輳しても船舶の磁気信号又は電界(電位差)信号は音響信号に対して伝搬距離が短いので、他船舶の信号が混入することが少なく、磁気信号及び電界信号に対する環境ノイズも小さく、防食装置が取り付けられた木造船に関しては、電界信号により信号検出が可能であるから、従来は、監視困難であった複数の船舶が輻輳し、音響環境ノイズが大きい港湾などの船舶通航監視において、船舶の発生する磁気信号及び電界(電位差)信号を検出することにより、精度良く通航監視を行うことができる。
用途利用分野 船舶通航監視システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 防衛装備庁長官, 株式会社島津製作所, . 廣田 恵, 佐藤 敦, 寺西 陽子, 飯島 健二, 木内 英樹, 三品 尚登, . 船舶通航監視システム. 特開2007-286886. 2007-11-01
  • G08G   3/00     

PAGE TOP