TOP > 技術シーズ検索 > 神経変性疾患の予防・治療剤

神経変性疾患の予防・治療剤

シーズコード S120008982
掲載日 2012年2月20日
研究者
  • 岡澤 均
技術名称 神経変性疾患の予防・治療剤
技術概要 HMGBファミリータンパク質又はその誘導体、例えば、下記(a)又は(b)記載のタンパク質を神経変性疾患の予防・治療剤に含有させる。(a)配列番号2、4、6又は8記載のアミノ酸配列からなるタンパク質(b)配列番号2、4、6又は8記載のアミノ酸配列において1又は複数個のアミノ酸が欠失、置換、付加又は挿入されたアミノ酸配列からなるタンパク質であって、神経変性疾患において生じる異常型ポリグルタミンタンパク質に対する結合活性を有するタンパク質である。さらに神経変性疾患(例えばポリグルタミン病)に対して予防・治療効果を有する物質のスクリーニングに利用することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2006-154059.gif
研究分野
  • 神経系疾患の薬物療法
展開可能なシーズ HMGBファミリータンパク質又はその誘導体を含有する、神経変性疾患の予防・治療剤を提供する。
ポリグルタミン病等の神経変性疾患の予防・治療剤、及びポリグルタミン病等の神経変性疾患に対して予防・治療効果を有する物質のスクリーニング方法が利用できる。
用途利用分野 HMGBファミリータンパク質、神経変性疾患予防剤、神経変性疾患治療剤、神経変性疾患予防・治療剤スクリーニング技術
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 東京医科歯科大学, . 岡澤 均, . ポリグルタミン病の予防・治療剤. 特開2007-320919. 2007-12-13
  • A61K  38/00     
  • A61P  25/00     
  • A61K  48/00     
  • C12Q   1/02     
  • G01N  33/50     
  • G01N  33/15     
  • A61K  31/7088   

PAGE TOP