TOP > 技術シーズ検索 > マッキベン型アクチュエータ及びマッキベン型アクチュエータによる負荷牽引装置及び方法

マッキベン型アクチュエータ及びマッキベン型アクチュエータによる負荷牽引装置及び方法

シーズコード S120009012
掲載日 2012年2月22日
研究者
  • 赤木 徹也
  • 堂田 周治郎
技術名称 マッキベン型アクチュエータ及びマッキベン型アクチュエータによる負荷牽引装置及び方法
技術概要 流体を給排できる二つの給排口5、6が形成された弾性材からなるエラストマーチューブ3の外周にカバーコード4を被覆した弾性体チューブ1と、給排口5、6の間に設けられ、弾性体チューブ1内の流体の流通は不能にするが、弾性体チューブ1の摺動は可能にするステージ2とから構成されることを特徴とする。ステージ2はチューブ1の外周に二つの回転可能なローラ7、8を対向して設置したもので構成している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2005-223937.gif
研究分野
  • 油圧・空気圧応用装置
  • ロボットの設計・製造・構造要素
展開可能なシーズ ストロークの間中、安定した大きな力、および弾性体チューブの長さにほぼ匹敵する長いストロークを提供する。
ロッドレス、フレキシブルという長所を保持した上で、大きな力を発生させて長いストロークをとることができる。
用途利用分野 ソフトアクチュエータ、パワーアシスト装置用アクチュエータ、ロボット用アクチュエータ、バーチャルリアリティ用フィードバック装置、トレーニング機器
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 財団法人岡山県産業振興財団, . 赤木 徹也, 堂田 周治郎, . マッキベン型アクチュエータ及びマッキベン型アクチュエータによる負荷牽引装置及び方法. 特開2007-040365. 2007-02-15
  • F15B  15/10     
  • F15B  15/00     

PAGE TOP