TOP > 技術シーズ検索 > 遠隔学習システム及び遠隔学習方法

遠隔学習システム及び遠隔学習方法

シーズコード S120009035
掲載日 2012年2月23日
研究者
  • 鶴田 節夫
  • 櫻井 義尚
技術名称 遠隔学習システム及び遠隔学習方法
技術概要 この遠隔学習システム1は、学習者が使用する学習者用端末20B,20Cと指導者が使用する指導者用端末20Aとをネットワークを介して接続する。ここでは、学習者及び/又は学習者周辺における物理的事象を検出するための複数種類のセンサ40と、学習者及び/又は学習者周辺における物理的事象の組み合わせと学習者の肉体的・精神的情況との相関関係を定めたルール情報を記憶する記憶手段とを備える。更に、複数種類のセンサにより検出された物理的事象の組み合わせと記憶手段に記憶されたルール情報とに基づいて学習者の肉体的・精神的情況を推定する推定手段と、推定手段により推定された学習者の肉体的精神的情況を指導者用端末に配信する配信手段とを備える。好ましくは、配信手段が、学習者の反応を促す問い合わせ情報を配信し、推定手段が、反応に基づいて学習者の肉体的・精神的情況を推定する。更に、配信手段が、学習者の学習意欲が低下した場合に、刺激を与える態様で警告情報を配信する。他に、遠隔学習方法の発明がある。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-150283.gif
研究分野
  • 科学技術教育
展開可能なシーズ 指導者が学習者の肉体的・精神的情況をリアルタイムに把握し得る事により、学習者の聞き逃しや見落としなどによる誤解を防止する遠隔学習システム及び遠隔学習方法を提供する。
指導者が学習者の肉体的・精神的情況をリアルタイムに把握することができ、指導者は、学習者の肉体的・精神的情況に応じて講義を進行することができるので、学習者の聞き逃しや見落としなどによる誤解を防止することができる。
用途利用分野 通信/WEB学習システム、e-learningソフト
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京電機大学, . 鶴田 節夫, 櫻井 義尚, . 遠隔学習システム及び遠隔学習方法. 特開2011-007963. 2011-01-13
  • G09B   5/08     
  • G06Q  50/20     

PAGE TOP