TOP > 技術シーズ検索 > アナログ回路の数値演算によるシミュレーション方法、およびスイッチング電源回路の数値演算によるシミュレーション方法

アナログ回路の数値演算によるシミュレーション方法、およびスイッチング電源回路の数値演算によるシミュレーション方法

シーズコード S120009036
掲載日 2012年2月23日
研究者
  • 杉本 泰博
技術名称 アナログ回路の数値演算によるシミュレーション方法、およびスイッチング電源回路の数値演算によるシミュレーション方法
技術概要 スイッチング電源回路は、DC-DCコンバータのディジタル制御回路10、スイッチング回路60、出力平滑回路20、誤差増幅器部40、電流検出器50、比較器30の各回路をモデル化した回路ブロックによって構成される。この回路ブロックは、ディジタル制御回路ブロック1、スイッチング回路ブロック6、出力平滑回路ブロック2、誤差増幅器ブロック4、電流検出回路ブロック5によって構成される。なお、ここでは、ディジタル制御回路ブロック1は、電流検出回路ブロック5の出力電圧Vcfbと誤差増幅器ブロック4の出力電圧Vとを引き算によって差分電圧Vを求める比較ブロック3を含む構成としている。出力平滑回路20において、インダクタLは実際には抵抗成分Rを持ち、コンデンサCにも抵抗成分Rが存在する。また実際は直流出力電圧Voutを抵抗で分圧する回路を誤差増幅器部40の入力に含むため、この抵抗としてRが接続される。ここで、負荷は電流源Ioutで示している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-264541_1.gif thum_2008-264541_2.gif
研究分野
  • 電子回路一般
展開可能なシーズ アナログ回路やアナログ回路とディジタル回路が混在する回路において、パルス信号や急激な波形変化を伴う信号波形の過渡解析を数値演算によってシミュレーションし、解析時間を短縮するアナログ回路の数値演算によるシミュレーション方法、およびスイッチング電源回路の数値演算によるシミュレーション方法を提供する。
アナログ回路やアナログ回路とディジタル回路が混在する回路において、パルス信号や急激な波形変化を伴う信号波形の過渡解析を数値演算によってシミュレーションすることができ、解析時間を短縮することができる。その結果、短時間で周波数特性を求めることができる。
用途利用分野 アナログ回路の数値演算によるシミュレーション装置、スイッチング電源回路の数値演算によるシミュレーション装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人 中央大学, . 杉本 泰博, . アナログ回路の数値演算によるシミュレーション方法、およびスイッチング電源回路の数値演算によるシミュレーション方法. 特開2010-092434. 2010-04-22
  • G06F  17/50     

PAGE TOP