TOP > 技術シーズ検索 > 二重回転子構造磁気支持モータ及び該二重回転子構造磁気支持モータを搭載したターンテーブル

二重回転子構造磁気支持モータ及び該二重回転子構造磁気支持モータを搭載したターンテーブル

シーズコード S120009124
掲載日 2012年2月24日
研究者
  • 大島 政英
  • 河野 達也
技術名称 二重回転子構造磁気支持モータ及び該二重回転子構造磁気支持モータを搭載したターンテーブル
技術概要 本発明では、二重回転子構造とする。これは、固定子21を挟み内側に内側回転子23、外側に外側回転子25の2つの回転子を持つ構造である。外側回転子25は鉄心のみで構成され、固定子21の外側は12スロット構造であり、歯35には磁気支持巻線37が捲回されており、例えば巻線A1,A2,A3は直列接続されている。各磁気支持巻線37には直流電流を流し、発生する磁気支持磁束によって外側回転子25を吸引し、磁気支持力を発生させる役割を担っている。巻線A1,A2,A3はx軸負方向に電磁力を、また巻線C1,C2,C3はx軸正方向の力をそれぞれ発生する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2009-169456.gif
研究分野
  • 電動機
展開可能なシーズ ブラシレスDCモータの、軸受のメンテナンスフリー、長寿命、高剛性が要求に応じるため、ベアリングレスブラシレスDCモータが開発されているが、低トルクリプル・低支持力振動という要求を同時に満足することは出来なかった。本発明では、支持力の低振動化を図った二重回転子構造磁気支持モータ及び該二重回転子構造磁気支持モータを搭載したターンテーブルを提供することを目的とする。
本発明によれば、固定子の内周側と外周側とに電動機機構と磁気支持機構が物理的に分かれているため、電動機側に対して低トルクリプル化を、磁気支持側に対して低支持力振動化をそれぞれ講じることができる。
用途利用分野 二重回転子構造磁気支持モータ、ターンテーブル
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 学校法人東京理科大学, . 大島 政英, 河野 達也, . 二重回転子構造磁気支持モータ及び該二重回転子構造磁気支持モータを搭載したターンテーブル. 特開2011-024385. 2011-02-03
  • H02K  21/14     
  • H02K   7/09     

PAGE TOP