TOP > 技術シーズ検索 > ネットワーク構成情報取得方法および装置

ネットワーク構成情報取得方法および装置

シーズコード S120009136
掲載日 2012年2月24日
研究者
  • 吉田 充
技術名称 ネットワーク構成情報取得方法および装置
技術概要 複数のL2スイッチから構成されるネットワークの物理的接続関係を取得する方法(ネットワーク構成情報取得方法)を実行する管理用端末1(ネットワーク構成情報取得装置)はSNMPマネージャとしての機能し、各スイッチはSNMPエージェントとして機能する。各スイッチは、MACアドレスとポートの組み合わせを公開するために、BRIDGE-MIB(RFC1493)のdot1dTpFdbPortを実装しているものとする。管理用端末1は、各スイッチからポート接続に関する情報を取得しそれを解析することで、ネットワークの構成(物理的接続)を木構造として取得する。管理用端末1は、ポート情報取得部11とポート情報テーブル12とネットワーク構成解析部13を有する。これらの各機能部は、補助記憶装置に格納された各種のプログラムが主記憶装置にロードされてCPUによって実行されることにより実現されている。ただし、一部または全部の機能部が専用のハードウェアによって実現されても構わない。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-265461_1.gif thum_2008-265461_2.gif
研究分野
  • 計算機システム運用管理
展開可能なシーズ 現状のネットワークの接続情報の取得は不正確であるという問題がある。そこで、ネットワークの接続情報を正確に取得することのできる技術を提供する。
複数のネットワーク機器からなるネットワークの接続関係を、確実に木構造として決定することが可能となる。また、上流側から決定することで、複数のポートについて処理を並列して行うことが可能であるため、処理を高速に行うことも可能である。
用途利用分野 ネットワーク構成情報取得装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 独立行政法人理化学研究所, . 吉田 充, . ネットワーク構成情報取得方法および装置. 特開2010-097273. 2010-04-30
  • G06F  13/00     
  • H04L  12/24     

PAGE TOP