TOP > 技術シーズ検索 > 近似触感材料推奨システム

近似触感材料推奨システム

シーズコード S120009164
掲載日 2012年3月12日
研究者
  • 渡邊 淳司
技術名称 近似触感材料推奨システム
技術概要 近似触感材料推奨システムは、コンピュータにインストールしたソフトウエアを利用して実現する。入力部1は、触感を表現する言葉を入力するキーボード等の入力装置によって構成される。入力部1からの指定データは、制御部2に入力される。データ保存部3に、新たな保存用データを制御部2を介して入力する場合にも、入力部1を利用することができる。制御部2は、入力部1から新たな保存データを入力する指令を受け取ると、データ保存部3にその保存データを記憶させる。データ保存部3には、複数の仮想材料パラメータと複数の実際材料パラメータとが、マップのデータ構造で保存されている。ここで複数の仮想材料パラメータとは、予め定めた触感を表現する複数の言葉と、この複数の言葉が表現する触感をそれぞれ有する複数の仮想材料の表面の物理特性を定めたデータを主成分分析、多次元尺度構成法、独立成分分析等のように、分類対象物の関係を低次元空間における点の配置位置で表現する分析手法を用いて得た複数のパラメータである。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-264234.gif
研究分野
  • 材料試験一般
展開可能なシーズ 所望の触感に近似した触感を有する材料を簡単に推奨することができる近似触感材料推奨システムを提供する。また、物の表面の質感・手触りを表現する場合に用いられるオノマトペを入力して所望の触感に近似した触感を有する材料を簡単に推奨することができる近似触感材料推奨システムを提供する。
入力部から触感を表現する言葉を入力するだけで、その言葉で表現された所望の触感に近似した触感を有する材料の推奨を簡単に得ることができる利点が得られる。特に、入力が言葉であっても、触感が近似した材料を推奨することができ、各種製品のデザイナに、所望の触感を有する材料を適切に推奨することができる利点がある。
用途利用分野 近似触感材料推奨システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立研究開発法人科学技術振興機構, . 渡邊 淳司, . 近似触感材料推奨システム. 特開2010-092423. 2010-04-22
  • G06Q  50/00     
  • G06F  17/30     

PAGE TOP