TOP > 技術シーズ検索 > FSK信号に対する周波数選択性SISO及びMIMO通信路に於ける、周波数領域等化と非同期検波方式を組み合わせた伝送方式

FSK信号に対する周波数選択性SISO及びMIMO通信路に於ける、周波数領域等化と非同期検波方式を組み合わせた伝送方式

シーズコード S120009166
掲載日 2012年3月13日
研究者
  • 岩波 保則
  • 岡本 英二
  • 肱元 学
技術名称 FSK信号に対する周波数選択性SISO及びMIMO通信路に於ける、周波数領域等化と非同期検波方式を組み合わせた伝送方式
技術概要 本発明では、非同期なエネルギー検波方式を採用した周波数シフト変調(FSK)方式を用いた伝送のうち、周波数選択性通信路環境下に於いて、受信側で検波器への入力の前にアナログ信号をサンプリングし、その離散時刻信号に対して周波数領域等化(FDE)を行った後、エネルギー検波器で検波する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-245431.gif
研究分野
  • 移動通信
展開可能なシーズ FSK信号の非同期エネルギー検波方式は非線形変調方式であるため、検波器出力に対する周波数選択性通信路の等化は、MLSEを用いた例などが検討されていた。しかしViterbiアルゴリズムは考慮するマルチパス遅延波数が増加すると、等化の際に必要となる状態数が指数関数的に増加するため、演算量、メモリ量の増加という観点からシステムの複雑化が問題となり、用いるのが困難となる。これに対し、本発明では、SISOの伝送及び、送受信機ともに複数のアンテナを用いた単一送信機、単一受信機によるマルチ入力、マルチ出力の伝送において、アンテナ間の信号分離と周波数選択性通信路の補償が可能な伝送方式を提供することを目的とする。
本発明は、受信側で受信信号の位相の同期が不要な非同期検波方式を採用したFSK信号に対する線形な等化技術の利用を可能にし、さらにFSK信号のMIMO通信路化を簡易なシステム構成で実現することが可能となる。
用途利用分野 周波数シフト変調(FSK)方式、移動通信システム
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 名古屋工業大学, . 岩波 保則, 岡本 英二, 肱元 学, . FSK信号に対する周波数選択性MIMO通信路に於ける、周波数領域等化と非同期検波方式を組み合わせた伝送方式. 特開2010-081159. 2010-04-08
  • H04J  99/00     
  • H04B   7/04     
  • H04B   7/005    

PAGE TOP