TOP > 技術シーズ検索 > 軸対称偏向レーザー発振装置及び軸対称偏光レーザー発振方法。

軸対称偏向レーザー発振装置及び軸対称偏光レーザー発振方法。

シーズコード S120009194
掲載日 2012年3月28日
研究者
  • 尾松 孝茂
  • 森田 隆二
技術名称 軸対称偏向レーザー発振装置及び軸対称偏光レーザー発振方法。
技術概要 本発明の軸対称偏光レーザー発振装置は、励起光を発するレーザーダイオードと、励起光を増幅するレーザー増幅器と、レーザー増幅器を挟んで配置される全反射ミラー及び偏光選択性回折格子ミラーを備え、レーザー光を発振する共振器と、共振器内に配置される1/4λ板を有する。そして、軸対称偏光レーザーの発振方法においては、レーザーダイオードにより光を励起し、励起した光を1/4λ板に入射し、1/4λ板から透過した光を偏光選択性回折格子ミラーに入射させる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

thum_2008-029784.gif
研究分野
  • 半導体レーザ
展開可能なシーズ 軸対称偏光レーザーは、光軸に対して偏光が対称となっているベクトルビームであり、光軸上で偏光の特異点を有しているためドーナツ状の強度分布を有する。従来、COレーザーに偏光選択性回折格子ミラーを適用することにより軸対称偏光レーザーを発振する技術が開示されているが、COは熱光学特性が良好ではなく、安定した軸対称偏光モードの発生に向かなかった。本発明では、より安定な軸対称偏光レーザーが発振可能な方法及びそのための装置を提供することを目的とする。
本発明により、安定な軸対称偏光レーザーが発振可能になる。このなかでも、特に、径方向軸対称偏光レーザーは強く集光した際に焦点付近に光軸に平行な強い電場分布が生じるため、光マニピュレーション、レーザー顕微鏡、プラズマ制御等への応用が期待される。
用途利用分野 レーザー発振装置、光マニピュレータ、レーザー顕微鏡、プラズマ制御装置
出願特許   特許 国際特許分類(IPC)
( 1 ) 国立大学法人 千葉大学, 国立大学法人北海道大学, . 尾松 孝茂, 森田 隆二, . 軸対称偏光レーザー発振装置及び軸対称偏光レーザー発振方法. 特開2009-188361. 2009-08-20
  • H01S   3/08     
  • H01S   3/042    
  • H01S   3/0941   
  • H01S   3/106    
  • G02B   5/18     
  • G02B   5/30     

PAGE TOP